予防歯科

  • HOME > 
  • 予防歯科

デンタルフィットネスクラブ
健康な人も通う歯科医院

より健康に、より美しく、より豊かな人生を!
– Dental Fitness Club –

「デンタルフィットネスクラブ」スタートです!

もっと健康になりたい方のための「健康づくりの場」
デンタルフィットネスクラブとは、赤ちゃんから大人まで保険で出来る歯科予防を通して食生活や生活習慣の見直しまで健康のサポートをさせていただくというものです。
1〜3ヶ月に1度、歯科予防を行うことによって生涯自分の歯で噛めるようにお手伝いをいたします。

かかりつけ歯科機能強化型歯科診療所に認定された高橋衛歯科医院が行う
健康づくり倶楽部「デンタルフィットネスクラブ」

デンタルフィットネス クラブでは、会員さんに定期的に来院していただき、むし歯や歯周病などのお口の中の病気が発症したり、悪化したりしないようにケア、検査、治療、生活指導などを行います。
高橋衛歯科医院は【かかりつけ歯科機能強化型歯科診療所】に認証されており、一般的には3・4ヶ月に1度のペースでしか通うことができませんが、1ヶ月に1回の通院でも保険が適用され、フッ素塗布も毎月保険適用となりますので大きなメリットとなります。

こまめにプロの予防ケアを受診しましょう

デンタルフィットネス クラブでは、会員さんに定期的に来院していただき、むし歯や歯周病などのお口の中の病気が発症したり、悪化したりしないようにケア、検査、治療、生活指導などを行います。

高橋衛歯科医院は【かかりつけ歯科機能強化型歯科診療所】に認証されており、一般的には3・4ヶ月に1度のペースでしか通うことができませんが、1ヶ月に1回の通院でも保険が適用され、フッ素塗布も毎月保険適用となりますので大きなメリットとなります。

お得なポイント
  1. 予防メンテナンスが保険適用
  2. フッ素塗布も保険適用

保険受診の範囲内で行う場合は一部負担金は、¥3,000~¥4,000ぐらいでが、会員ならばこまめに通っていただいても1回あたりの費用は保険適用も可能となり、一般的な歯科治療よりも安くなってきます。また、プロの目が行き届きやすくなりますので、初期のむし歯にも気付きやすくひどい状態になる前に処置ができ、治療回数も少なくて済みます。

会員になるには..
  • 入会無料!(来院している患者さんにはご案内します)
  • もっと健康になりたい方
  • 虫歯や歯周病を予防したい方

体を鍛える「フィットネスクラブ」を利用する感覚でご参加ください。
気になる方はスタッフまで気軽にお声がけください。

デンタルフィットネス
の内容

『健康で輝くように
生き生きしている状態』のために…

<それぞれにあった
プランを準備しております>

ウエルカムクラブ

むし歯や歯周病が進行しないよう、健康になるためのプロフェッショナルサポートを行います。

(18歳〜 大人の方)

  • むし歯予防
  • 歯周病予防

ウエルカムJrクラブ

専門家の立場から一人ひとりに合ったアドバイスや様々な疑問にお応えします。

(13歳〜18歳 中・高生)

  • 口臭予防
  • むし歯予防
  • 歯肉炎予防
  • 歯列矯正

カムカムクラブ

むし歯を予防し、大切な歯を守るサポートをします。むし歯ゼロの健康なお口を一緒に目指しましょう。

(0歳〜12歳 乳幼児から小学生)

  • むし歯予防
  • フッ素の積極的な利用
  • 食事指導

『健康で輝くように生き生きしている状態』のために...

<しっかり検査>

  • 口腔の状態や環境を丁寧に検査します。
  • 詳しく知ることで患者様ごとに個別の予防歯科プログラムを作っていきます。

<歯磨きチェック> (苦手な所を確認しましょう)

  • 歯科衛生士が磨き残しをチェックします。
  • 正確な歯磨きの方法を指導させていただきます。

<PMTC> (患者様の口内環境に合ったプロフェッショナルクリーニングを行います)

  • PMTCは、効果的なむし歯・歯周病予防を目的としたクリーニング方法です。

<フッ素塗布> (歯科医院でのみ使用できる高濃度のフッ素を塗布します)

  • むし歯はお口の中のむし歯菌が糖分を栄養にして歯を溶かす「酸」を出すことによって起こります。
  • 定期的にフッ素を歯に塗ることで歯面に固いコーティング膜が作られ酸に負けない強い歯になります。

<使用する歯ブラシ> (ウエルカムクラブのみ)

  • 歯周病の予防研究から生まれた「つまようじ法」歯ブラシ「V7」を使って歯磨きをします。

自分らしく幸せに
生きるための健康を
マネージメントします!

お口の中の健康な状態を維持し、栄養・運動・休養の調和を図る健康づくりを行い、より充実した幸福な人生を得ていきましょう。

自分らしく幸せに生きるための健康をマネージメントします!

早期発見&未然に防げる

むし歯で痛い思いをする前に、また、削る量が少ないうちに治療することができます。歯周病の主な原因である歯石を取り除くことで、歯周病が進行しにくい状態を作り、維持することができます。

健康な歯を長く維持できる

歯を失えば失うほど食べられるものが減り、食事の楽しみは半減します。食事は、非常に重要であることは言うまでもありません。そのためにも今ある健康な歯を守りましょう。

見た目の美しさ

PMTCによる専用の薬品とブラシで歯を徹底的に清掃することで、歯の表面に付着した飲食物の着色汚れが落ち、歯も明るくつややかになり、見た目も綺麗になります。

痛みに苦しむことが少なくなる

早期にむし歯を発見できることで、痛みに苦しむ前に治療を受けることができます。小さいむし歯は治療時の痛みもほとんど感じず、費用や時間も少なくて済みます。

健康寿命が延びる

歯の残存本数が多いほど、健康寿命が長くなることが近年明らかになってきました。今後の大きな課題は、介護に頼らず、自分で最低限の生活ができる「健康寿命」を延ばすことです。

認知症のリスクを減らせる

残存本数が20本未満で、入れ歯等を入れていない高齢者は認知症のリスクが約2倍になるという研究もあります。

全身の病気を予防

むし歯や歯周病は口の中だけでなく、全身の病気の発症や進行にも影響を与えます。また、歯周病と糖尿病とは相互に悪影響を及ぼすことが分かっています。

経済的な負担が軽くなる

むし歯や歯周病になると、治るまでに何度も通院しないといけません。予防歯科の定期検診は、費用の負担はあるものの年に数回ほどです。

「8020運動」をご存じでしょうか?80歳で自分の歯を20本以上残そうとする運動で、厚生労働省や日本歯科医師会が推進しています。ちなみに歯は全部で28本(親知らずを含めない)あり、自分の歯が20本残っていれば一生おいしく食事をすることができ、全身の健康にもつながります。

80歳以上で歯を20本以上残すと健康寿命を延ばすことにつながるため歯科予防・メンテナンスは大事です。一度予防歯科を受診してみましょう。

予防治療について

※1)かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは、現在から将来的に渡り、むし歯や歯周病をはじめとする様々な歯科疾患の重症化を予防する目的で2016年に新設された制度です。

かかりつけ歯科医院に認定されるためには…

かかりつけ歯科医院は、どのクリニックでも認定されるわけではなく、以下の条件が必要です。

  1. 歯科外来診療の安全対策に係る研修を受けている常勤の歯科医師が在籍している
  2. 予防やメンテナンスができる常勤の歯科衛生士が勤務している
  3. 緊急時に対応できる設備・器具(AED、救急蘇生薬剤など)・体制が用意されている
  4. 訪問歯科や歯周炎のメンテナンスなどの維持管理を継続的に行ってきた経験がある
  5. 高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けている常勤の歯科医師がいる
  6. 在宅医療を行う医科や緊急時の連携している介護、福祉関係者、保険医療機関がある
  7. 滅菌、感染防止に必要な設備を整えている
  8. クリニックの敷地内が禁煙となっている

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の制度は、「か強診(かきょうしん)」という略称でも呼ばれ、歯科医院を選ぶ基準として「か強診」に認定されているかは一つのポイントになります。

歯科健診を受けましょう!

ミドル(40歳~)・シニア(65歳~)健診 ♥

盛岡市在住の方で、
※保険証が社会保険で本人以外の方が受けられる。

年齢を重ねるにつれ歯周病が進行して、歯が抜けて入れ歯になる方が増えています。
そうなる前に健診を受けて予防しましょう。

  • 虫歯のチェック
  • 歯周病チェック
  • 清掃状態の確認

80歳になっても歯が20本ある「8020」を目指しましょう!
500円

♥ 妊産婦健診 ♥

盛岡市の女性なら、産後1年まで検診できます。

妊婦さんはホルモンバランスやつわりの関係で、むし歯や歯周病のリスクが高く、産後気が付いたら、歯がボロボロということもよくあります。

  • 虫歯のチェック
  • 歯周病チェック
  • 清掃状態の確認

お子様への感染を防ぐためにも健診を受けましょう!
500円

♥ 1・2・3・4・5歳児 ♥

盛岡市在住の1~5歳のお子さん
母子手帳、保険証、子供用の歯ブラシ持参の上、
盛岡市指定歯科医療機関で受けられます。

  • 簡単なむし歯の検査
  • 噛み合わせの確認
  • 清掃状態の確認

当院は盛岡市指定歯科医療機関です。
無 料

♥ 一般歯科健診 ♥

どなたでも受けられます。

  • 全体のレントゲン写真
  • 歯周病検査
  • むし歯のチェック
  • 歯の表面の歯石取り

※ご希望があれば歯石取りも行います。

保険診療代がかかります

♥口腔がん健診 ♥

健康な方でも心配であれば診断できます。

  • お口の中が最近白い
  • 粘膜が赤くただれている
  • お口の中にしこりがある気がする

全体のレントゲン写真を撮って、お口の中の粘膜に異常がないか口腔がんの専門医に診てもらいます。

保険診療代がかかります

予防中心型治療

すべての治療は予防につながっている

むし歯・歯周病は、予防できる疾患ということをご存知ですか?
原因▶歯垢=プラーク(細菌の塊)▶除去するには、 ▶ 歯みがきが大切!
「毎日のハミガキそのものが、まさに”治療”になっているんです」

しかし・・
「毎日キレイにしているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところはあります。」

そこで・・
 「その部分のお掃除を専門家より専門の機械を使って徹底的に除去することで、より健康な状態を保つことができます。」
では・・
 「ポイントをつかんで素敵なスマイルライフを送りませんか?予防法は年代別に違います。」

0歳児~小学校低学年

むし歯になって困らないように歯みがきの習慣化の実現

「歯が生えた時から『むし歯0』はスタートします。この年代は、お母様の頑張りどころの時期でもあります。」

こんなことありませんか?

・乳幼児、幼児期は仕上げみがき嫌がるので困っている
・小学校に入ると仕上げ磨きさせてくれなかったり、大丈夫だと思って一人磨きをさせている

▼解決策▼

  1. お母様が子どもの歯に興味を持ち、年に3,4回検診を受ける。
    ※小さい子どもが泣いても、治療で泣くよりマシだと思ってください。
  2. 仕上げみがきのポイントをプロに聞く!
    ※毎日やることが大切です。コツをつかめば、大変ではありません。
  3. 検診でプロフェッショナルケアを受ける。
    ※仕上げみがきでも難しいところは、定期的に除去してもらいましょう。専門器具を使うこともあります。
  4. 小さい頃から、フッ素を取り入れましょう。(フッ素代1回1,000円税別)
    ※仕上げみがきをしながら歯みがきは大切だと話しかけ、フッ素が歯を守っていることも話しかけましょう。

小学校高学年~中学校

① 歯の交換が活発な時期をのりこえて!
② 子どもの成長期、歯ぐきにも気をつけて!

こんなことに気を付つけて!

・小学校の頃は、永久歯が生え揃う時期。歯の生え始めは生れたばかりの赤ちゃんと一緒で弱いんです。だから、本人とお母様2人でよく観察してください。
・しかも、この生え変わり時期と一人磨きを始める時期が重なる頃です。本人にまかせず、声をかけをしてください。
・中学生になると生活リズムが変わり、成長期となります。体内変化により歯ぐきがデリケートになりがち。「歯肉炎」がひどくなることがあります。そうならないためにも、丁寧な歯みがきは大切となります。

▼私たちがサポート▼

こんな難しい時期も、定期的なメンテナンスで乗り越えよう!

1,年3、4回の検診を受ける
2,プロフェッショナルケアを受ける
3,フッ素を取り入れる

20代後半~40代

体の健康と合わせてトータルトゥースケアを!

「この年代はむし歯だけではなく歯周病にも気をつけましょう!」

・喫煙は歯周病の進行に関係します。白血球に変化が起こり、防衛反応が下がります。そのため歯周病の発見が遅れたり、治療に影響します。
・妊娠性歯周炎というのもあるんです。妊娠するとホルモンバランスが変化することにより、歯周炎を発生することもあります。また、つわりがひどく歯みがきできなかったことも関係します。
・更年期の時にもご注意ください。女性の方が体調に合わせるかのように、歯ぐきにも症状が出ることが多いんです。

▼解決方法は▼

1,年3、4回の検診を受けましょう(3ヶ月ぐらいで状態は変わるんです)
2,プロフェッショナルケア(PTC、PMTC)で口腔内環境を整えましょう
3,フッ素と抗菌剤が入った歯磨剤をつかいましょう

定期検診ではこんなことをします。

・むし歯有無、歯ぐきの状態を調べます
・病気の原因となっている歯垢のチェックをします
・要注意の歯を詳しく調べます
・入れ歯やかぶせ物の確認をします

50代~ご年配の方

お口の機能「噛む」ことを維持しましょう!

「治療経験が多いため、お口の中は複雑化へ!」
いつかは歯が無くなり、入れ歯になるとあきらめてはいけません。
最新の治療は、歯を残す時代です!

・入れ歯は入れたくない
・うまく歯みがきができなくて困っている
・おいしくごはんを食べたい
・口臭が気になる
・見た目をキレイにしたい
・歯と歯のすき間のお手入れができない

▼こんな時は、お口の健康を取り戻すことで解決できます▼

プロフェッショナルケアで要望対策!
専用機器を使い、歯に付着している汚れすべてを除去し、フッ素塗布をします。

おすすめのプロフェッショナルケアとは

歯周外科手術をした方や、かぶせ物が多い方、歯列不正がある方には PMTC(7,000円税別)でのハイグレードなアフターケアをおすすめします!健康なお口の方で、歯石・ステイン(着色)除去をしたい方にはエステ感覚のPTC(4,000円税別)がおすすめです。

PMTC・PTCをおすすめしたい方

・むし歯・歯周病治療を終了した方
・むし歯になりやすい方
・ヤニ・ステイン(歯の着色)が着きやすい方
・歯肉がやせて歯根の露出が多い方
・予防したい方
・口の中をスッキリさせたい方
・歯並びが良くない方
・糖尿病・シェーングレン症候群や口腔乾燥症などの疾患がある方
・鼻炎・口呼吸の方
・インプラント治療をした方

こんなに良いことがいっぱい

・ステイン(着色)がとれ、本来の白さが戻ります
・フッ素入りの薬剤を使用するので歯が強くなります
・むし歯や歯ぐきなどお口の変化もクリーニングしながら見逃さず発見
・歯ブラシではとりきれない汚れまで完全に除去
お口の中がスッキリ、歯がツルツルで気持ちが良い

予防歯科の基本:健康な口元を手に入れる第一歩

健康な歯は、美しい笑顔と高い生活の質に直結しています。口腔内の健康を維持するためには、予防歯科が非常に重要です。この章では、その基本となる予防歯科について、何であるのか、なぜ大切なのか、そしてその歴史について解説します。

予防歯科とは?

予防歯科は歯や口腔の健康を保つための総合的なアプローチです。歯科治療に先立って、問題を未然に防ぐ方法を探るこの分野は、歯磨きはもちろん、適切な食生活、定期的な歯科検診、フッ素トリートメント、プロフェッショナルな歯のクリーニング、さらには正しい口腔内の習慣まで幅広くカバーしています。

なぜ予防が大切か?

歯科疾患は一度発症すると、治療にはしばしば時間と費用がかかります。また、口腔の健康は全身の健康にも影響を与えることが多いため、疾患を未然に防ぐことは非常に重要です。予防歯科をしっかりと行うことで、これらのリスクを大幅に減らし、長期的には費用も抑えることが可能です。

予防歯科の歴史

予防歯科は過去数十年で大きく進化しています。最初は石鹸で磨くといった簡素な方法から、現代においてはフッ素が添加された歯磨き粉、電動歯ブラシ、レーザーを用いた治療、さらには遺伝子レベルでの疾患予防まで、多くの革新的な方法が研究・開発されています。これからも予防歯科は進化を続け、より効果的な、そして手軽な予防方法が登場することでしょう。

以上のように、予防歯科は単なる歯磨き以上のものであり、その実践と理解は、疾患を未然に防ぎ、長い目で見て健康と経済性にも寄与する重要な要素です。一生涯にわたって健康な口腔を維持するために、今日からでも予防歯科に取り組んでみてください。

日常のオーラルケアの重要性:毎日の習慣が口元の未来を作る

口腔内の健康は、美容や自信、さらには全身の健康にも大きく影響します。
特に日常のオーラルケアはその基盤となるため、ここでの習慣が非常に重要です。この章では、日常で行うべき正しい歯磨きの方法、歯間ブラシやフロスの活用法、そして口臭予防のヒントについて説明します。

正しい歯磨きの方法

歯磨きは最も基本的なオーラルケアですが、実は正しい方法で行わないと効果が半減してしまいます。歯ブラシは毎回泡立てた歯磨き粉で、歯と歯茎の境目を中心に磨くようにしましょう。磨く時間は最低でも2分を目安にして、すすぎはフッ素が働くのを助けるために程々に。

歯間ブラシ・フロスの活用法

歯間ブラシやフロスは、歯ブラシだけでは届かない歯の隙間をきれいにするためのアイテムです。歯間ブラシはサイズがいくつかあるため、自分の歯に合ったものを選び、一日一回以上は使うように心がけましょう。フロスは特に夜のケアで有効で、糸を歯の隙間に通してゆっくりと上下に動かすことで、歯間の汚れをしっかりと取り除きます。

口臭予防のヒント

口臭は多くの人が悩む問題ですが、日常のケアでかなり改善できます。食事後すぐに砂糖フリーのガムを噛む、舌を磨く、口の中を定期的に水で濡らす、などが口臭予防に有効です。また、朝起きたときと寝る前に必ず口腔内をきれいにすることで、口臭の原因となる菌を減らすことができます。

オーラルケアは少しずつ積み重ねることで、大きな成果が得られる活動です。磨かなかった一日が虫歯の原因になることもあれば、しっかりとしたオーラルケアが美しい笑顔と健康な生活をサポートすることもあります。日々の小さな習慣が、未来のあなた自身を作っていくのです。今日からでも遅くはありません、しっかりとしたオーラルケアを始めましょう。

食生活と口腔健康:「口にするもの」が「口の健康」を作る

口の健康と言えば歯磨きやフロスが最初に思いつきますが、食事もその一部です。食べるものが直接口腔内に影響を与えるからです。本章では、虫歯を引き起こす食べ物、歯に良い食材、そして食事のタイミングと口腔ケアについて解説します。

虫歯を引き起こす食べ物

砂糖が多く含まれる食べ物や飲み物は虫歯の大敵です。菓子やソーダはもちろん、果物の砂糖も注意が必要です。また、炭水化物も分解されると糖になるため、パンやパスタも控えめに。

歯に良い食材の紹介

歯に良い食材といえば、カルシウムが豊富な乳製品があります。特にチーズは口の中のpH値を正常化し、虫歯予防に効果的です。また、ビタミンCを多く含む野菜や果物も歯茎の健康に役立ちます。

食事のタイミングと口腔ケア

食後すぐに歯を磨くと、歯に含まれるミネラルが削られやすくなるため、30分以上空けてから磨くのが理想です。また、食事の際は水を一緒に摂ることで、食べカスが口の中で残りにくくなります。

口の中は常に食べ物や飲み物に触れているため、食生活が口腔健康に与える影響は少なくありません。健康的な食生活を心がけることで、美しい笑顔と健康な口腔を保つことができます。特に子供や高齢者には、家庭での食事が口腔健康に与える影響が大きいため、一家全体での対策が求められます。毎日の食事が、その後の口の健康を大きく左右します。健康な食生活で、未来の自分を守りましょう。

フッ素と口腔健康:隠れた歯の守護神

フッ素という成分は、虫歯予防において非常に重要な役割を果たします。しかし、具体的にはどのように働き、どう取り入れるべきかについては、一般的にはあまり知られていません。この章では、フッ素の効果と役割、その正しい取り入れ方、さらにはフッ素トリートメントのメリットについて解説します。

フッ素の効果と役割

フッ素は、歯のエナメル質を強化し、酸による侵食を防ぐ作用があります。この強化作用により、歯が健康で丈夫に保たれるため、虫歯のリスクが大幅に減少します。

正しいフッ素の取り入れ方

フッ素を取り入れる基本的な方法は、フッ素配合の歯磨き粉を使用することです。ただし、過剰にフッ素を摂取すると逆効果になる可能性もあるので、推奨される使用量を守ってください。また、飲料水や特定の食品にもフッ素が含まれる場合がありますので、バランスよく摂取することが大切です。

フッ素トリートメントのメリット

歯医者で行うフッ素トリートメントは、高濃度のフッ素を直接歯に塗布することで、エナメル質を強化し、さらに虫歯予防の効果を高めます。特に、虫歯が多い方や、子供の成長期には大変効果的です。

フッ素は口腔健康において「隠れた守護神」のような存在です。しかし、その効果を最大限に引き出すためには、正しい知識と使い方が必要です。
この章で説明したように、フッ素を適切に取り入れ、さらには専門的なフッ素トリートメントも活用することで、より健康な口腔を手に入れることができるでしょう。
この機会にぜひ、フッ素の力を借りて、あなたの口腔健康を向上させてください。

歯石と歯垢の違い:あなたの口腔健康の「隠れた敵」を知る

歯磨きやフロス、さらには定期検診でのプロフェッショナルクリーニングなど、口腔ケアには多くの要素が関わります。その中でも特に重要なのが、歯石と歯垢の管理です。しかし、これら二つは一体何なのでしょうか?そして、どのようにして効果的に管理すれば良いのでしょうか。

歯石と歯垢の定義

歯垢(プラーク)は、口の中のバクテリア、食べ物の残り、唾液などが混ざり合ってできる柔らかい物質です。一方、歯石は歯垢が固まって石のように硬くなったものです。簡単に言えば、歯石は歯垢の「進化形」です。

彼らが歯に及ぼす影響

歯垢は口臭や虫歯の主要な原因となりますが、放置すると歯石に変わってしまいます。歯石は非常に硬く、自分で取り除くのはほぼ不可能です。さらに、歯石の下には新たな歯垢が付着しやすく、歯周病のリスクも高まります。

歯石・歯垢除去の方法

歯垢は、日々の正しい歯磨きやフロスによって除去することが可能です。特に夜寝る前のケアが大切です。一方で、歯石は専門的な器具と技術が必要なため、定期的な歯科検診でのプロフェッショナルクリーニングが推奨されます。

歯石と歯垢は、多くの口腔トラブルの「元凶」とも言える存在です。しかし、それらを理解し、適切なケアをすることで、これらのリスクは大幅に減少します。日々のケアと定期的な歯科検診を組み合わせることで、あなたの口腔健康を守る「盾」を築くことができるでしょう。この機会に、しっかりとした口腔ケアの習慣を確立してください。

定期的な歯科検診の大切さ:予防から診断まで、総合的な口腔ケアの要

多くの人が歯の問題に直面したとき、初めて歯医者に足を運びます。しかし、問題が起きてからの治療よりも、問題を未然に防ぐための定期的な検診が大切です。

検診の周期とその理由

一般的には、半年に1回の定期検診が推奨されています。これは、虫歯や歯周病が進行する前に早期発見・早期治療を行うためです。一部のケースでは、リスクが高い人々には3か月ごとの検診も推奨されています。

検診時の主なチェックポイント

定期検診では、虫歯や歯周病はもちろん、歯石の有無や顎の状態、噛み合わせの問題、さらには口腔がんの早期発見など多角的に調査されます。また、レントゲンや口腔内カメラを用いて、目で見えない部分までチェックされます。

プロフェッショナルクリーニングの効果

検診だけでなく、プロフェッショナルクリーニングも行われます。これは、自宅でのケアでは取り除けない歯石や歯垢を除去し、さらに歯を磨くことで、口腔内環境を整える役割があります。また、口腔内環境が整うことで、虫歯や歯周病のリスクも大幅に減少します。

定期的な歯科検診は、あなたの口腔健康を総合的に守るための重要な一環です。自分自身の口腔ケアに自信があるとしても、プロフェッショナルな目によるチェックとケアは欠かせません。この機会に、定期的な歯科検診を習慣化し、一生涯の口腔健康を手に入れましょう。

子供の予防歯科:成長期における口腔ケアの基礎

子供にとっても、大人と同じように口腔ケアは非常に重要です。特に乳歯期から始める予防歯科は、一生続く口腔健康に多大な影響を与えます。

乳歯のケアの重要性

乳歯は「永久歯が生える前の仮の歯」と思われがちですが、乳歯が健康でないと、永久歯も健康に育ちません。乳歯は噛む機能や話す能力、そして永久歯の位置を決定する基礎ともなるので、乳歯のケアは非常に重要です。

正しい歯磨き教育のステップ
  • 指導者の選定:子供が歯磨きを覚える段階で、親や保護者がしっかりと指導することが大切です。
  • 選ぶべき歯ブラシ:子供用の柔らかい毛の歯ブラシを選びましょう。
歯磨きの手順

小さな子供はまず、「磨く」よりも「こすり落とす」感覚で歯を清潔に保ちます。

  • フッ素入り歯磨き粉の使用:乳歯にもフッ素が必要ですが、量は極めて少なくすることが推奨されています。
  • 検診と相談:子供も大人と同様に、定期的な歯科検診が必要です。
子供向けの予防歯科トリートメント
  • フッ素塗布:歯に直接フッ素を塗布することで、虫歯を予防します。
  • シーラント:噛む面に特殊なプラスチックを塗布し、食べ物や菌が侵入するのを防ぎます。
  • 早期診断と予防処置:検診で早期に問題を発見し、必要な治療をすぐに始めることが大切です。

子供の口腔健康は、親や保護者、そして歯科医師が一丸となってサポートする必要があります。成長期にしっかりと予防歯科に取り組むことで、一生涯の健康な口腔環境を築く基礎が作られます。この機会に、お子様のための予防歯科を始めてみませんか。

高齢者の口腔ケア:年齢と共に変わるニーズに対応する

高齢者の口腔ケアは、特に重要です。これは全身の健康維持にも影響を与えるからです。年齢を重ねるごとに、体全体の機能が落ち、それは口腔内でも例外ではありません。

高齢に伴う口の中の変化

年齢とともに唾液の分泌が減少するため、口が乾きやすくなります。この唾液の減少は、食べ物の咀嚼や、口内の細菌バランスを維持する上で大切な要素です。また、歯肉が衰えることで、歯周病のリスクが高まる場合があります。さらに、歯が欠けたり緩んだりすると、食事がしにくくなる可能性もあります。

オーラルケアのポイント

口の乾燥を防ぐため、常に水分補給が必要です。また、高齢者の歯肉はデリケートなため、ソフトな歯ブラシを用いることが推奨されます。そして、年齢を重ねるほど、定期的な歯科検診が重要になってくるのです。

全身の健康との関連性

口内環境が悪化すると、全身の健康にも影響が出ることが多いです。特に、糖尿病のコントロールが難しくなる可能性があります。これは口内環境と全身の健康が密接に関連しているため、高齢者の口腔ケアは決して軽視できない課題なのです。

以上のポイントを踏まえ、高齢者自身、またはその家族が注意深くケアを行うことで、健康な口内環境を維持することができます。お年寄りの口腔ケアは、その人自身の生活の質(QOL)向上にも寄与しますので、ぜひとも重視していただきたいと思います。

矯正治療中のオーラルケア:美しい笑顔と健康な口腔環境を手に入れる

矯正治療は美しい笑顔を手に入れる手段であると同時に、しっかりとしたケアが必要な治療でもあります。矯正治療を受けている期間中、そして治療が完了した後も、口腔内のケアは特に重要です。

矯正装置と口腔の関係

矯正装置は、歯を適切な位置に移動させるために使用されます。しかし、装置自体が食べ物の残渣や細菌によって汚れやすい性質を持っています。このため、装置が口腔内でどのように影響を及ぼすかを理解し、適切なケアを行う必要があります。

矯正治療中のケアの特徴

矯正装置を着用している期間中は、通常よりも入念なブラッシングが必要です。特に装置周辺や矯正ワイヤーの間に残る食べ物の残渣をしっかりと除去することが大切です。また、フロスや歯間ブラシを用いて、装置の間や歯の隙間に詰まった食べ物や歯垢を除去することも重要です。

さらに、定期的な歯科検診とプロフェッショナルクリーニングも欠かせません。これにより、装置がしっかりと機能し、治療がスムーズに進行するでしょう。

矯正後のアフターケア

矯正治療が完了した後も、しばらくはリテーナー(矯正後の保定装置)を使用することが一般的です。リテーナーも同様に汚れやすいため、矯正治療中と同じくらいのケアが必要です。また、矯正後は歯が適切な位置に定着するまでの間、定期的な歯科検診が必要です。

矯正治療中、そして治療後も、適切なオーラルケアによって健康な口腔環境を維持することが可能です。美しい笑顔を手に入れるためには、単に矯正装置をつけるだけでなく、日々の口腔ケアが非常に重要であるという点を、患者さまにもしっかりと伝えていくことが大切です。

口腔内ドライネスとその対策:快適な口腔環境を取り戻す方法

口腔内の乾燥は、多くの人が一度は経験したことがある現象ですが、これが続くと口臭や虫歯、歯周病のリスクが高まります。そこで今回は、口腔内ドライネスとその対策についてお伝えします。

口の乾燥の原因と影響

口の乾燥は、高齢、薬の副作用、ストレス、疾患など多くの要因によって引き起こされます。特に乾燥が続くと、唾液の量が減少し、その結果、口腔内の自浄作用が低下します。これが虫歯や歯周病、口臭を引き起こす主な要因となります。

乾燥を防ぐ生活習慣
  1. 水分補給: 適度な水分補給は口腔内の乾燥を防ぐ最も基本的な方法です。
  2. タバコを避ける: タバコは口腔内を乾燥させる原因となるため、避けることが推奨されます。
  3. 適度な運動: 運動によって体全体の血流が良くなり、口腔内の唾液の分泌も促されます。
  4. 口腔ケア: 歯磨きや口内洗浄液の使用も乾燥を防ぐための大事なステップです。

口腔内ドライネス専用商品の紹介

  1. 人工唾液: 唾液の量が不足している方には、人工唾液が有効です。
  2. 保湿口内スプレー: 短期間の乾燥対策として、保湿成分が含まれた口内スプレーも市販されています。
  3. 特殊な歯磨き粉: 乾燥を防ぐ成分が含まれた歯磨き粉もあり、これを使うことで乾燥の予防と治療が同時に行えます。

口腔内ドライネスは煩わしいだけでなく、長期にわたると健康にも悪影響を与える可能性があります。しかし、上記のような生活習慣の改善と、専用のケア商品を活用することで、乾燥からくる不快な症状や健康リスクを大幅に減らすことが可能です。是非、この情報を活用して、より快適な口腔環境を手に入れてください。

喫煙と口腔健康:知っておくべき真実と対策

喫煙は、健康全般に多くの影響を与えることは広く知られていますが、その中でも口腔健康への影響は非常に大きいです。タバコに含まれる有害な成分は、歯と歯茎に直接的な影響を与えるだけでなく、長期的には口腔内の健康全般を危険にさらします。

喫煙が歯に与える影響

タバコに含まれるタールとニコチンは、歯のエナメル質を侵食し、明るい白い歯を黄色く変色させる原因となります。これに加えて、口臭を引き起こし、歯周病や虫歯のリスクを高めます。タバコが生成するフリーラジカルは、歯茎の細胞を破壊し、炎症や出血を引き起こす可能性もあります。

喫煙者の特別なオーラルケア

喫煙者は、一般の人よりも口腔ケアに特別な注意が必要です。歯科医による定期検診は非常に重要であり、この際には特に歯石の除去や歯の表面のクリーニングが行われます。また、市販されている口内洗浄液や歯磨き粉も、喫煙者に特化したものを選ぶとよいでしょう。

喫煙のやめ方とそのサポート

禁煙は、口腔健康だけでなく全身の健康にも多大な影響を与えます。幸いなことに、禁煙を成功させるための多くのプログラムや製品が提供されています。禁煙パッチやガム、さらにはスマートフォンアプリなど、多くのオプションがあります。医療機関でのカウンセリングやサポートも非常に有効です。

要するに、喫煙が口腔健康に及ぼす悪影響は避けられない事実です。しかし、より積極的な口腔ケアと専門の禁煙サポートを利用することで、これらのリスクは最小限に抑えることが可能です。喫煙をしている方が、より健康的な口腔環境を手に入れるためには、これらのポイントをしっかりと考慮することが不可欠です。

歯のホワイトニングと予防歯科:美しい笑顔を作る科学と維持の秘訣

美しい笑顔は自信を与え、人々の注目を引きます。そのため、多くの人が歯のホワイトニングに興味を持っています。しかし、適切な知識とケアがなければ、ホワイトニングは逆効果になる場合もあります。ここでは、歯のホワイトニングの基本から、安全な方法、そして維持のためのケアまでを解説します。

ホワイトニングの基本知識

歯のホワイトニングは、専門の歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングが一般的です。どちらの方法も、過酸化水素や炭酸水素ナトリウムなどの薬剤を使用して、歯の表面に付着した色素を分解し除去するプロセスです。効果の持続期間は個々に異なりますが、一般的には数ヶ月から数年とされています。

安全なホワイトニング方法

安全なホワイトニングのためには、まず適切な診断が必要です。歯の状態、特に虫歯や歯周病がないかを確認することが大切です。続いて、専門の歯科医による適切な処置と指導が不可欠です。自宅でのホワイトニングにおいても、歯科医の指導を受けた上で行うようにしましょう。

ホワイトニング後のケア

ホワイトニング後は、特に注意深いケアが必要です。まず、色素が付きやすい飲食物(例:コーヒー、ワイン、カレーなど)は避け、可能な限り白い食事を心掛けましょう。また、ホワイトニング後は歯が敏感になる場合があり、その際は低刺激の歯磨き粉を使用する等の対策が有効です。

ホワイトニングは短期間で効果が見られる美容処置である一方で、安全な施術とその後の適切なケアが必要です。そして何より、美しい歯を維持するためには、日常の予防歯科が最も重要です。定期的な歯科検診とクリーニング、そして日々の正確な歯磨きが、ホワイトニング効果を長持ちさせる秘訣です。美しい笑顔は継続的なケアから生まれるのです。

スポーツと口腔保護:安全で健康なパフォーマンスのために

スポーツは心身の健康に良い影響を与えますが、同時に体にリスクも伴います。特に口腔においては、歯や顎の怪我の可能性があります。この記事では、スポーツでの口腔のリスクを最小限に抑え、安全に活動するためのポイントを3つ紹介します。

スポーツでの口腔のリスク

激しいスポーツでは、顔や口元にダメージを受けるリスクが高くなります。ボールや他のプレーヤーとの接触、転倒や衝突などによって、歯が欠けたり折れたり、さらには歯周病や内出血を引き起こす可能性があります。

マウスガードの選び方

口腔のリスクを軽減するためには、適切なマウスガードの選択が重要です。市販のものから、歯科医院でオーダーメイドされるものまでさまざまなタイプがあります。以下の点に注意して選びましょう。

  1. フィット感: マウスガードはしっかりと歯にフィットしていることが重要です。
  2. 素材: 柔らかすぎず硬すぎない、適度な厚みと柔軟性を持つものが良いです。
  3. 呼吸と発声: マウスガードを装着しても、呼吸や発声に支障がないものを選びましょう。
正しいマウスガードの使用方法

マウスガードは効果的な保護具であるだけに、正しく使用することが必要です。

  1. 装着前の清掃: 使用前には必ず洗浄し、清潔に保ちましょう。
  2. 装着テスト: 短時間装着してみて、違和感や痛みがないかを確認します。
  3. 使用後のケア: 使用後も念入りに洗浄し、専用のケースで保管します。

スポーツを楽しむ上で、身体だけでなく口腔のケアも重要です。適切なマウスガードを選び、正しく使用することで、怪我のリスクを大幅に減らし、安心してスポーツに取り組むことができます。特に子供やスポーツを始めたばかりの方は、歯科医と相談しながら最適なマウスガードを選ぶことをお勧めします。

妊娠と口腔ケア:新しい命と共に健康な口を守るために

妊娠は、女性の体に多くの変化をもたらします。一般に考えられるのはつわりや体重の変化ですが、それだけではありません。妊娠は口腔の健康にも影響を与え、そのケアが特に重要になります。以下で、妊娠と口腔ケアについて詳しく解説していきます。

妊娠中の口腔の変化

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため、歯茎が腫れやすく、出血しやすくなることがあります。この状態を「妊娠性歯肉炎」と呼びます。さらに、吐き気や嘔吐が頻繁に起こると、口腔内の酸度が上がり、虫歯のリスクが高まる可能性があります。このような変化は、母体だけでなく胎児にも影響を与えるため、注意が必要です。

妊婦さんのオーラルケアの注意点
  1. 定期的なブラッシングとフロス: 朝晩のブラッシングはもちろん、食後もできるだけ口腔ケアを行いましょう。フロスを使って、ブラシだけでは落とせない細かい食べ残しもしっかりと除去します。
  2. マイルドな口腔ケア製品: 刺激の少ない歯磨き粉やマウスウォッシュを選び、口腔内の環境を整えましょう。
  3. 食生活の工夫: 酸度の高い食品や飲み物は避け、バランスの取れた食事を心掛けます。特にカルシウムやビタミンDは歯に良い成分です。
  4. 水分補給: 妊娠中は口が乾きやすくなることもありますので、十分な水分補給を心掛けましょう。
妊娠中の歯科治療のタイミング

妊娠中でも緊急の歯科治療は避けられない場合があります。しかし、できれば妊娠初期と最終期は避け、安定期に治療を行うのが理想です。治療前には必ず妊娠していることを歯科医に告げ、適切なケアを受けるようにしましょう。

妊娠は母体だけでなく、新しい命にも影響を与える重要な期間です。そのため、口腔ケアもしっかりと行い、母子ともに健康な状態を保ちましょう。特に口腔の変化に気づいた場合や、何か異常を感じたら、早めに専門の医療機関で相談することが大切です。お身体の状態に合わせて、適切なケアとタイミングでの治療を選ぶことが、安心して新しい命を迎える第一歩となります。

予防歯科の未来:テクノロジーと人々の健康への新しいアプローチ

歯科の世界は、科学とテクノロジーの進展によって急速に変化しています。そして、それは予防歯科にも当てはまるのです。今回は、最新の予防歯科技術、未来の歯科治療の方向性、そして個々の患者ができる最新のオーラルケアについて解説していきます。

最新の予防歯科技術の紹介

  1. AIを活用した診断: 人工知能が進化している今日、歯科医師が診断にかかる時間を短縮し、より正確な情報を提供できるようになっています。
  2. テレ歯科: 遠隔地に住む人々も、オンラインで疑問や悩みを相談できるようになりました。
  3. 3Dプリンティング: クラウンやブリッジ、インプラントなど、精密な歯科装置を迅速に作成可能です。
未来の歯科治療の方向性
  1. 個別化された治療: ゲノム研究や個々の生活習慣に基づいて、よりパーソナライズされた治療が可能になるでしょう。
  2. 持続可能な治療: 環境に優しい材料を使用し、持続可能な治療が一般化していくと考えられます。
  3. 予防が主体: 未来の歯科治療は、病気の治療よりも予防に重点を置く方向性が強まっています。
患者自身ができる最新のオーラルケア
  1. スマートトゥースブラシ: ブラッシングの効率を計測し、改善点をアプリで教えてくれるトゥースブラシが登場しています。
  2. 口腔内スキャナ: 自宅で簡単に口腔内の状態をチェックできるデバイスも販売されています。
  3. 自動フロッサー: 歯間のクリーニングも技術の進展により、より簡単で効率的に行えます。

テクノロジーの進化は、予防歯科に新しい可能性をもたらしています。患者自身もこれらの新しいテクノロジーを活用して、より効率的なオーラルケアを実践することが可能です。今後もこのような進歩が続くことで、口腔内の健康を維持するための方法がさらに多様化するでしょう。最新の技術を活用し、未来の予防歯科に期待してみましょう。

 

expand_less
岩手県盛岡市の歯医者・インプラント歯科「高橋衛歯科医院」|0120-981-418 岩手県盛岡市の歯医者・インプラント歯科「高橋衛歯科医院」|初診専用WEB予約 岩手県盛岡市の歯医者・インプラント歯科「高橋衛歯科医院」|LINE相談 岩手県盛岡市の歯医者・インプラント歯科「高橋衛歯科医院」|アクセス 診療時間 岩手県盛岡市の歯医者・インプラント歯科「高橋衛歯科医院」|お問い合せ インプラント矯正相談