ブログ

  • HOME > 
  • ブログ > 
  • 安いインプラントと高いインプラントの違い…
2024.05.09

安いインプラントと高いインプラントの違いは?盛岡の歯医者でコスパよく治療できる?

盛岡市の歯医者 高橋衛歯科医院です。

インプラントは保険適用外の診療であり、歯科医院ごとに料金はさまざまです。
ある程度コストがかかると覚悟していても、本音はなるべく安く済ませたいものです。
とはいえ、インプラントは高ければ高いほど品質が良いとも限らず、反対に安すぎて品質が理想に届かないインプラントを選択してしまうのも本末転倒です。
本記事では、安いインプラントと高いインプラントの違いについて解説します。
なるべくコストパフォーマンスの良いインプラント治療にするため、参考にしてみましょう。

■安いインプラントと高いインプラントの違い

早速、安いインプラントと高いインプラントの違いについて解説します。
全ての歯科医院で同じ条件になっているとは限りませんが、ひとつの基準としてお役立てください。

〇素材の品質と耐久性

高価なインプラントは高品質な素材を使っていることが多く、耐久性や審美性に優れています。
長期間の使用に耐えることができるので、使用期間が長くなるであろう若年層へのインプラントにも最適です。
審美性にも優れているので歯の白さや歯並びのキレイさを追求しやすく、口元を人に見られたときの自信も高くなります。
反対に、安価なインプラントは品質・耐久性に少し劣ることがあるので注意しましょう。
とはいえほとんどの歯科医院では一定水準を満たすインプラント素材しか使っていないため、最低限の耐久性は確保されています。

〇カスタマイズ可否

高価なインプラントにした場合、患者様の口腔状態やニーズに合わせてカスタマイズされた治療計画が提供できることがあります。
必要に応じて追加の手術や補綴物の追加、審美性や機能性の向上を目的としたオプションが用意されることがあるので相談してみましょう。
具体的には、オールオン4インプラントや骨造成手術などが追加された場合、どうしてもインプラント治療にかかる費用も高くなってしまいます。
反対に、オプションが必要ない場合は最小限のプランに絞り込んで問題ありません。
「カスタマイズ度が低い」と聞くとネガティブな印象になりますが、最小限の治療で理想通りのインプラントが入れられるのであればそれに越したことはないでしょう。

〇アフターケアの内容

高価なインプラント治療を提供する歯科医院では、治療後のアフターケアやフォローアップがしっかりと行われるのが一般的です。
定期的な健診やメンテナンス、問題が生じた際の適切な対応などが含まれているので、治療完了後のトラブルがあっても安心です。
なかには有料で保証制度に加入できる歯科医院もあり、プログラムごとに料金が異なります。
その他、治療前のカウンセリングが長めに確保されていたり、デジタルシミュレーションを使った視覚的な治療計画の説明があったり、手厚いサポートが期待できるのも特徴です。
一方、安価なインプラント治療では、アフターケアの内容が限定されていることが多いです。
とはいえ「治療しただけで終わり」と打ち切ってしまう悪質な歯科医院は基本的にありませんので、まずは治療だけでも安価に済ませてしまうという方法もあります。

当医院のインプラントについてはこちらから。

 

■コストパフォーマンスの良い歯科医院とは

インプラント治療をコストパフォーマンス良く実施したいときは、料金形態が明瞭な歯科医院にするのがおすすめです。
不可検査やオプション、保証制度の有無次第で料金は大きく変わるとはいえ、料金形態が明確で「最終的にいくらかかるか」明確に示してくれる歯科医師であれば大きなミスマッチは生じません。
治療が進んでいくうちにどんどん費用が膨らんでしまった…などの不満も避けられます。

■まとめ

インプラントの費用は歯科医院ごとにさまざまだからこそ、コストパフォーマンスの良い治療になるよう意識していくのが大切です。
もしインプラント治療を検討されているなら、安いインプラントと高いインプラントの違いもぜひ説明してもらいながら、納得できる治療計画になるよう調整してもらうのが良いでしょう。
当院の理事長である高橋衛はインプラント治療の技術を世界中で学んだ経験豊かな歯科医師です。
そのためオールオン4やザイゴマインプラントシステムなど難症例にも対応可能です。
インプラント治療はすべて当院の系列である、盛岡駅前のマモインプラントクリニックマリオスにてオペいたします。

expand_less
0120-981-418 初診専用WEB予約 LINE相談 アクセス 診療時間 お問い合せ インプラント矯正相談