医療法人

高橋衛歯科医院
  • 土・日・祝日も診療

矯正歯科

矯正治療とは

  • 悪い歯並びをや噛み合わせをきちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにする治療で、上下の顎骨(あごの骨)、歯が生えているU字型の歯槽骨(顎骨の骨体部と歯牙を結ぶ骨)、歯の並び方をより健全にバランスを整えます。
具体的にはワイヤーなどの矯正装置を使用して、歯や顎の骨に力を加えて歯並びと噛み合わせを治していきます。

矯正治療のメリット

  • 矯正歯科治療によって顎の関節と歯並びに変化が出て、横顔もスッキリします。
  • さらに口元が綺麗になることで歯ブラシがしやすくなり、むし歯のリスクが減ります。
最大のメリットは大きな口で笑えるようになり、自分に自信が持てるようになることです!

矯正治療の目的

  • 矯正治療の一番の目的は、ふぞろいの歯や、上下の歯並びがお互いにちゃんと噛み合ない状態(不正咬合=ふせいこうごう)を改善することです。

不正咬合をそのままにしておくと様々なお口の問題の原因となります。

主な不正咬合の種類

不正咬合による悪影響

  • 不正咬合をそのままにしておくと、言葉が明瞭でなくなることがあり、むし歯や歯周病になりやすく、口臭の原因となります。
  • また、食べ物がよく噛めないと栄養バランスが崩れるなどして全身にも悪影響を及ぼします。
  • 食べ物がよく噛めない
  • 言葉が明瞭でなくなる
  • むし歯、歯周病になりやすい
  • 口臭の原因になる
  • 顎関節に負担がかかる
  • 歯を折ったり、ケガをしやすい

こんなお悩みを解決する
ことができます!

  • 思いきり笑えない
  • 笑うとき、手で口元をかくしてしまう
  • 笑顔に自信がない
  • 歯がデコボコしている
  • 出っ歯な気がする
  • 1本だけ歯がでている
  • すきっ歯で話すときに息がもれる
  • むし歯ができやすい

矯正治療の種類

★あなたに最適の矯正治療があります。

● スピード矯正治療(成人対象)

  • スピード矯正とは簡単な外科処置(コルチコトミー)を併用して治療期間を短縮させる治療方法です。

(※コルチコトミーとは歯を支えている骨に切れ目を入れていく外科的な手術です。)

スピード矯正のメリット
① 治療期間が短縮される

歯を支える骨に切り込みを入れ、歯を動かしていくので、治療期間が大幅に短縮されます。

《通常2~3年▶6ヶ月~1年》

② 治療中の痛みや、後戻りが軽減される

早くよく動くので、治療中の痛みや、矯正治療後の後戻りが軽減されます。

③ 抜歯をしなくても良いケースが増える

切れ込みを入れたブロックごと動かすので、歯を抜かなくても良いケースがあります。

詳しい説明はこちら

● Newスピード矯正治療(中高生対象)

  • NEWスピード矯正は、約1年で矯正治療を終えることを目的とした世界初の矯正治療治療システムです。
  • 治療期間が短く痛みも少ないので自分の歯が動いたのを楽しく確認できます。
詳しい説明はこちら

● インビザライン(マウスピース矯正)

  • インビザラインは、透明で目立たないマウスピースを使った矯正治療です。
  • マウスピースを定期的につけ変えることで歯を動かして行きます。
  • マウスピースが透明なので矯正していることが気づかれにくい装置です。
  •  また、取り外して歯みがきしたり、マウスピースを洗浄できるので衛生的です。
詳しい説明はこちら

● セラミックブラケット装置(歯になじんで目立たない矯正装置)

  • セラミックブラケットは、矯正歯科治療で歯の表面につける装置のことで、通常使用する金属のブラケットと違い、自分の歯に溶け込む目立ちにくい矯正装置です。

子供の矯正

  • 子どもの矯正治療(一期治療)では、土台となっている骨格の問題を解決して成長の軌道修正をし、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないようにします。
  • 思春期成長期終了後には歯並びの仕上げ治療(二期治療)をします。
  • 大きな問題が一期治療で取り除かれているので、より簡単により良いゴールを目指します。

子供の矯正治療の目的

  • 子どもの矯正治療は、ただ歯を動かすだけではありません。
  • 大人の骨格へと成長する思春期成長期が来る前に、あごの骨を拡大したり、牽引(上あごを後や前に引っ張る)したりして、骨格の大きさや形を改善することが大事です。

生え変わり時期別矯正治療(乳歯~永久歯)

2.5歳~6歳

生活指導やあごの骨格
改善を始められます

  • 乳歯列が完成し、6歳臼歯が生えてくる
  • 乳歯(水色)の下では永久歯(白)が出てきている歯は、まず歯冠(歯ぐきの外に出てる部分)ができ、ついで徐々に歯根が伸びていく

6歳~9歳

《Ⅰ期治療》

永久歯の前歯上下4本の
矯正治療が可能になります

  • 6歳の臼歯が生え永久歯の前歯上下4本が生える
  • 乳歯の歯根を溶かしながら永久歯が出てくる

9歳~11歳

《Ⅰ期治療》

乳歯の犬歯~奥歯の
生え変わりを待ちます

  • 奥歯が乳歯から永久歯に生え変わる

12歳~

《Ⅱ期治療》

生活指導やあごの骨格
改善を始められます

  • 全ての乳歯が抜けて、第二大臼歯が生え揃う
このように、Ⅰ期治療とⅡ期治療の二段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的治療の確率が少なくなります。
《一期治療の内容》

装 置

〈拡大床装置〉

治療方法

  1. あごを正しい大きさに拡大します
  2. 歯を正しい位置に動かします
  3. 後退している下顎を前方に移動します
  4. 舌などの悪習慣を直します
噛む力が移動した歯をより安定した位置へ修正します!
  • 床装置はプラスチック・ワイヤーネジでできてます
  • 入れ歯に似た装置で、幼児でも簡単に取り扱いできます
  • 小さいあごを拡大して、できるだけ歯を抜かずに治療します(顔が大きくなるわけではありません)
  • 食事の時や歯磨き又は英語、国語、音楽などの発音障害を生じる場合は装置を外します

〈部分的マルチ
ブランケット装置〉

1.傾いた歯をまっすぐに起こします
2.歯を正しい向きに回転します
3.歯を後方、前方に移動します
4.出ている歯を引っ込めます
《二期治療の装置》

クリアブランケット

●歯冠色に同調する色調です
●素材の組合わせにより高い生体親和性を実現します
●粘膜に対する刺激を抑えた丸みをおびた形状です

デーモンブランケット

●治療期間が短くできます
●期間と回数が少なくなります
●抜歯する割合が少なくなります
●直接ワイヤーをしばらないので摩擦が少なく優しい装置です