医療法人

高橋衛歯科医院
  • 土・日・祝日も診療

歯科用CT

CTと歯科治療における現状

当院では、最先端医療機器「歯科用CT」を使用し高精度な3次元画像で的確な治療を行います。

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、歯科用CTでは3次元の立体画像のレベルに変換することでより多くの情報が得られます。
コンビーム方式の長所
  • 座ったままで撮影できる
  • 被爆量が少ない(体にやさしい)
  • 高画質である
  • 金属アーチファクト(画像の乱れ)が少ない
  • 短時間で3次元画像を構築できる

CT画像のメリット

見えなかったものが見える
  • 一般のレントゲンでは見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造などもリアルに見えます。
わからなかったものがわかる
  • 顎の歯だけではなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態・病巣などを立体画像で確認できます。
治療の安全性が広がる
  • インプラントだけではなく、矯正や歯管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。