エントリー

マウスピース型矯正治療のリスクとは?①

20220508002036.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日はマウスピース型矯正治療のリスクについてお話しします。

 

 

メリットの多い矯正術ですが、欠点も理解した上で始めることをおすすめします。

 

 

1:1日の装着時間が非常に長い

 

矯正で使うマウスピースは1日20時間以上装着する必要があります。

装着時間が不足していると、シミュレーション通りに矯正が進行しなくなる可能性があります。その結果、矯正が完了するまでの期間が長くなり、治療費が多くなってしまうかもしれません。

 

「1日20時間以上つける」というよりも、「飲食や歯磨きのとき以外はずっとつけておく」という意識で生活することをおすすめします。

 

 

2:飲食について

 

飲食の前に必ずマウスピースを外してください。

たとえ何か一口食べるだけであっても必ず取り外し、食後は歯磨きを行い、そのあと速やかにマウスピースをつけ直す必要があります。

 

また、「無色透明の飲み物」であっても糖分が含まれている場合は、マウスピースを外してから飲んでください(そうしないと虫歯になりやすくなります)。

 

そして赤ワイン、お茶、コーヒーなどには糖分が含まれていないものの、マウスピースが変色する可能性があります。ただ、マウスピースは1週間程度で交換しますのでご安心ください。

 

 

3:歯並びによってはマウスピース型矯正では対応できない可能性も

 

マウスピース型矯正では対処できない(もしくは対処が難しい)歯並びもあります。

 

・大きく歯をスライドさせる必要がある

・重度の受け口や出っ歯(骨格的な問題がある)

・重度の歯のねじれ

・歯周病で歯が揺れている

・抜歯しなければならない場合

 

もちろん上記に該当していても対応できるケースもあります。まずはご相談ください。

 

※「抜歯が必要=マウスピース型矯正ができない」というわけではありません。ただし、治療の難易度は上がります。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

ページ移動

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed