エントリー

『口腔ケアは大事!』

こんにちは。
本来であれば、さんさ踊りで盛岡の街が太鼓の音で賑わっていましたが新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。いかがお過ごしでしょうか。

皆さん、最近、歯科医院を受診しましたか?
ウイルスに負けない体を作るのに、口腔ケアは大切です。

口の中、特に舌は細菌が繁殖しやすい場所です。
舌の上を見てみて下さい。舌の上に白い、黄色いものが見えたら、それは舌苔(ぜったい)です。細菌や食べかすのカスの塊です。舌が清潔に保たれていないと、歯を綺麗に磨いても、口臭になって表れたりします。
ウイルスに負けない体を作るために、舌もケアする事も大事だと思います。

まず、朝一番の歯磨きと舌磨き。
夜寝ている間は、抗ウイルス抗菌作用をもつ唾液が出るのは少なく、口腔内は乾燥します。
そのため、細菌は大繁殖し、そのまま水を飲んだり朝食をとればウイルスや細菌を体に入れることになります。

朝起きたら、歯ブラシなどで汚れをとります。その上、舌苔のクリーニングで行って下さい。舌苔は、舌の奥の部位に最もたまります。必ず、舌ブラシで鏡を見ながら、意識してクリーニングをして下さい。舌の奥から前に滑らせる方法がいいと思います。

気をつけていただきたいのは、絶対に歯ブラシで、舌を磨かないで下さい。
先日、舌磨きをおすすめした患者さんも歯ブラシでゴシゴシ磨いているよとおっしゃってましたが、舌の表面は、柔らかい粘膜です。歯ブラシで傷つけてしまい、細菌が入ってしまいます。不安な方は、自己流ではなく歯科医院でクリーニングの指導を受けて下さい。

加えて、大切なのは、口の中の細菌環境を整えるためるために唾液の量を増やすことです。
唾液は、口に入ったウイルスや菌を中和して、感染を防いでくれます。
唾液をいっぱい出すには、口の周りの筋肉を刺激する舌の体操が良いです。

⑴舌をベーと出したり、奥へ引く
⑵舌を左右に動かして口角を舐める
⑶舌で鼻下、あご先を触るように上下に動かす
他にも口を開けたり閉じたり、頬を膨らましたりすぼめたりするのも効果的です。
唾液腺を刺激して、分泌量を増やすことを、皆さんもやって見て下さい。

このように口腔ケアは大事です。
歯科受診を控えている方、治療を中断していると症状は悪化します。
痛くなる前に、定期的に受診しましょう。
お待ちしています。

20200822130610.jpg

歯科医師 金俊介

ページ移動

ユーティリティ

2020年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed