エントリー

「緑黄色野菜を食べて内側から元気に」

いよいよ緊急事態宣言が全国的に解除されましたね。
まだすっかり元通りとはいかず、三密しないとかマスク着用とか新しい習慣が必要になった生活。
1日でも早くコロナ前の日常が戻ってくれば良いなあと思います。

やはり自粛期間中は、体を動かす機会や、外に出かけて気分をリフレッシュすることも出来なかったので、1日のリズムの変化がなく疲れが中々取れないという人もいるのではないでしょうか?

季節的には春ですが、暦ではもう夏に入りましたね。
旬の食材を食べることによって体が元気になるのでオススメです。
気温の上昇に合わせて、冷たいものを摂り過ぎると、胃腸が冷え消化能力が弱まってしまう為、食欲が落ち、体のだるさや疲労を起こしやすくなります。
また、汗と一緒にミネラルが体外に出ると熱中症や夏バテの原因になります。

夏の健康対策には、夏野菜がおすすめ。
野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、その時期に体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
夏野菜に含まれる水分やカリウムは、汗で 不足しがちな水分を補給し、熱のこもった体を中からクールダウン。
赤・緑・黄色と彩りも良く食欲を刺激し、種々のビタミンが体の調子を整えます。
抗酸化ビタミンは、体内の活性酸素を除去し、がんの予防や肌の老化予防として紫外線対策にも効果絶大。
体の内側からさびにくい体を作ってくれます。

きゅうりは水分とカリウムが多く、汗をかく時期にも食事から水分をたくさん取れるのでオススメです!
お酢と一緒に取るとビタミンCが効率よく取れます。

トマトは女性の美容の味方です。
リコピンが豊富なので肌の老化・シミ対策、そしてがん予防にも効果が高いと言われています。

何より美味しく食事をするためには歯の健康も大事です。

20200529113918.jpg

コロナウイルスで歯科医院受診を懸念していた方も、そろそろ検診からいらっしゃってはいかがでしょうか。

高橋衛歯科医院では、患者様一人一人のお悩みに合わせた治療方針をご提案、
一緒に治療ゴールを考えていきます。
小さな悩みでもしっかり対応しますので、お気軽にご連絡下さい。

コロナウイルスに負けず、日々楽しく過ごしましょう!

歯科助手の中村でした。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

Feed