インフォメーション

20170114212202.png20170114212205.png

高橋衛歯科医院の公式ホームページはこちら

 
 
 
 

エントリー

2021年08月の記事は以下のとおりです。

『口臭が気になる方いませんか?』

こんにちは!
少しづつ秋を感じる季節になってきましたね。
これから朝晩気温差がある時期になりますので体調管理には気をつけましょう。

さて、みなさんの中で『自分の口臭が気になる』という方はいらっしゃいませんか?
健康な人の口臭の原因は舌に付いた汚れである舌苔(ぜったい)と言われています。
『舌苔』とは、細菌や食べかすなどが舌の表面に付着してできた白い苔状のかたまりです。
舌の表面には舌乳頭という細かい突起がたくさんあり、この中に食べかすなどが溜まり、
細菌のすみ家になっています。それが口臭の原因になります。

舌苔ができる主な原因は…
1,口の中がキレイに清掃できていない方
2,唾液の分泌が少ない方
3,口呼吸をしている方  など…

舌苔の除去は口臭予防に効果的なんです!
歯は毎日磨きますが約6割の方は舌苔の除去をしていないという結果があります。
うがいだけでは舌苔は取れません…正しい方法で舌苔を除去することが大切です!

高橋衛歯科医院では、9月いっぱいまでのおすすめ商品として『舌ブラシ』と舌ブラシ
用の歯磨剤『ブレスバランス』をセットでお得な価格で販売しています!
使用方法の説明もいたしますので、口臭のが気になっている方はこの機会にいかがです
か?

歯科助手 立柳         

20210831182928.jpg

『お口の環境を整えましょう』

みなさん、どのようにお過ごしですか?
最近はもう秋のような気温でしたが、まだ暑くなる日もあるようです。
気温の変化で体を壊しやすい時期なので、免疫力を上げて、しっかり休息をとるように
してくださいね。

コロナウイルスの感染がすごい勢いで拡大していますね。
新しい生活様式にもだんだんと慣れてきましたが、わたしはやっぱり早くマスクを外し
て生活したいなーと切実に思ってしまいます。

そんなマスクは、感染予防対策としてとても大事なのですが、常にマスクをすることで
感染のリスクが高くなる、という説もあります。
それはどういうことかというと、マスクを常にしていることで、息苦しさなどにより
「口呼吸」になることが増え、お口が乾燥することにより、唾液の自浄作用、抗菌・抗ウ
イルス作用が十分に発揮できなくなってしまうのです。唾液には“lgA(免疫グロブリ
ン)という免疫物質の一種が含まれていて、防御機能として働いています。
さらに鼻で呼吸ができればウイルスや細菌が鼻を通ることで約70%カットされますが、
「口呼吸」になると、ダイレクトにウイルスなどが体内へ入ってしまうため、感染の
リスクが高まります。

また、最近ではコロナ禍のため、家族やお友達と外出する機会も減って、それに伴い会
話の機会も減り、笑顔でいる時間も減ってきた、なんてこともあるかもしれません。
マスクをすることで余計に表情を意識しなくなってしまいますよね。お口の周りの筋肉
を動かさないと、衰えていき、それも「口呼吸」につながります。
もちろん、マスクをするな、ということではありません!!口呼吸にならないように、
意識してお口の筋肉を動かすようにしてみましょう。
しっかり噛むことで筋肉も動かせるし、唾液が出るので、噛むことも大事です。

歯科医院でしっかりお口の掃除をして、細菌を減らし、虫歯の治療もして、お口の環境
を整えておきましょう。
噛めるように、被せ物の治療、入れ歯の治療、インプラント治療なども最後までしっか
り行いましょうね!
治療について聞きたいことがあれば、歯科医師、スッタフなどお気軽にご相談ください!

ご来院お待ちしております。

 

 受付・歯科助手 佐藤

 20210831182913.jpg                   


「歯がしみる方、いらっしゃいませんか?」

連日の蒸し暑さに夏バテ気味の今日この頃ですが、皆様お変わりありませんか?
冷えたスイカやビールのおいしい季節でもありますね。
来院中の患者様のなかには、飲食時に歯がしみるので 冷たい飲み物をひかえている方もいらっしゃいます。

皆様は知覚過敏の症状などありませんか?
当院では 知覚過敏の患者様向けの歯磨剤もご用意しています。
システマセンシティブという飲食時の痛みまでしっかりケアする知覚過敏ケア歯磨剤です。

特徴は
1)即効性 持続性の2つの薬用成分が、知覚過敏の症状をダブルで防ぐ(硝酸カリウム乳酸アルミニウム)
2)知覚過敏と併発の多い歯周病を予防
3)再石灰化を促進するフッ素1450ppm配合
4)細部のプラークコントロールをしっかりサポートするソフトペーストタイプ
5)長時間ブラッシングに適した低研磨 低発泡 マイルドな香味す。

知覚過敏以外の原因で歯がしみることもありますので、もちろん定期的な歯科受診も大切です。症状が気になる方はご相談ください。

歯科医師 福岡雅子

20210821091035.jpg

「暑さに負けない!」

今年は早い梅雨明けとなり、暑い夏が始まりました!
こんなときでも 外出時にはマスクをして、充分な水分補給、そしてお口スッキリ「モンダミンハビットプロ」でお口の環境をととのえましょう。


高橋衛歯科医院では、オールオン4、インプラント、インビザラインなど様々な治療の
情報発信をHPを中心にやっています。
そして、お得なお知らせを随時発信できるように「LINE」を始めました!

LINEでは、登録者限定で使えるクーポン、おすすめ商品の紹介など、日頃皆様にお得に、
そしてお口のお手入れに役立つ情報をアップしていますので、ぜひ登録をしてください。
今、登録をしていただくと、その方にあった歯ブラシを1本プレゼントしております!

またこの季節には「食中毒」にも気を付けたいものですね。
お口の中には500種類以上もの細菌がいます。
その中の黄色ブドウ球菌は、食中毒の原因にもなります。
ですから、歯垢が増えると黄色ブドウ球菌も増加し、食中毒の危険も高くなる可能性が
あります。
食中毒を防ぐ3原則「菌を増やさない」「菌をつけない」「殺菌をすること」と言われ
ていますが、これはお口の中にも言えますね。
でもセルフケアだけではなかなか難しいですから、まずは検診をして、お口のチェック
から始めましょう。
そのあとは定期的にクリーニングを受けることが大切です。

高橋衛歯科医院では、あなたのお口の健康を応援します!

歯科衛生士 野崎麻美子

 

20210801232221.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed