インフォメーション

20170114212202.png20170114212205.png

高橋衛歯科医院の公式ホームページはこちら

 
 
 
 

エントリー

2019年09月の記事は以下のとおりです。

『イエテボリテクニックを知っていますか?』

 

先日まで暑かったのですが、今は一気に気温が下がってきましたね。
皆さんは体調は崩されてないですか?

前回のブログは、歯科助手の中野さんによる歯ブラシについての内容でしたね。
今回私は、フッ素配合歯磨剤の効果的な使い方についてお話したいと思います!

「イエテボリテクニック」という方法です。
以前テレビでも、取り上げられていたのでご存知の方もいらっしゃると思います。

イエテボリテクニックとは、
虫歯予防で有名なスウェーデンのイエテボリ大学で発案された歯磨き方法で、
フッ素の効果を最大限に引き出してくれる方法です。

この方法を行うことによって、
通常の歯磨きだけではなかなか予防できない歯と歯の間のムシ歯が26%も予防できたという報告があります。


さて、やり方ですが…。

⑴歯ブラシに2cmフッ素入り歯磨剤をつけます。
 (5歳位までは5mm,6〜14歳位までは1cm, 15歳以上は2cmが目安です)

⑵歯磨剤を歯全体に広げます。

⑶2分間磨きます。
 (実際に2分では磨ききれないので、一度磨いてからの方が予防効果が高まります)

⑷歯磨剤による泡立ちを保ちます。

⑸歯磨剤を吐き出さずに10mlの水を含みます。
 (ペットボトルのキャップ1杯分)

⑹30秒間そのまま洗口します。

⑺吐き出した後、2時間は飲食をしません。

少量の水でうがいをするのは、フッ素の成分をしっかりとお口の中に残すためです。
また、飲食をしないのはフッ素の効果を長続きさせるためです。

市販の歯磨剤は味も強く、泡だらけになってしまい、一度のうがいだけではすっきりしないので、
何回もうがいしていませんか?
それでは、お口の中には爽快感しか残りません。

歯科専売の歯磨剤は、「低発泡」「低香味」「低研磨」なので、一度のうがいでも十分です。

できるだけ、歯を削りたくないので、ぜひ実践してみてください。

当院では、待合室に歯ブラシや、歯磨剤をディスプレイしています。
色々な種類がありますので、皆さんのお口にあった歯磨剤を、処方いたしますね。

ぜひ、お気軽にスタッフに声をかけてくださいね。

歯科衛生士、福士でした!

20190927180711.jpg

 

20190927180730.jpg

 

『毎月8日は歯ブラシの日』

歯磨き製品でおなじみのライオン株式会社は、常に「歯垢が除去」できるようにと、
月に一度定期的に歯ブラシを交換する習慣を推奨し広めることを目的に、
歯ブラシの歯(ハ=8)に因んで、毎月8日を「歯ブラシ交換デー」として日本記念日
協会に申請し、記念日として制定されました。

歯ブラシは、歯とお口の健康を守るうえで大切な歯みがきに欠かせないアイテムであり
生活者が歯ブラシに期待する機能は「汚れを落とす効果」です。

一方、「つい忘れてしまう、まだ使える、歯ブラシ交換のタイミングが分からない」な
どの理由で、生活者が歯ブラシを交換する頻度は平均7.3回/年となっているそうです。

毎日使う歯ブラシは使い続けると刷掃力が低下します。
歯ブラシを毎月1回交換することで歯ブラシによる刷掃力が維持できるようになるので
歯ブラシを1ヶ月に1度定期的に交換することをおすすめしています。

また、使い始めてから3週間ぐらいで歯ブラシの雑菌が増加するとの報告もあります。
お口に入れるものですから、清潔でありたいものです。

高橋衛歯科医院では、
年齢やお口の状態にあわせて、いろいろな種類のハブラシを取り扱っています。
当医院の歯科衛生士があなたに適した歯ブラシをご紹介しますので、お気軽にお尋ねく
ださいね。

高橋衛歯科医院の最近のニュースとしては、8月からお会計用の自動精算機が導入され
ました。
皆さん、スムーズにお会計をなさっています。
使い方がわからない時は、スタッフが丁寧にお教えしますのでご安心ください(^^)

歯科助手の中野でした。

20190919234448.jpg

『新しい口腔ケア。始めてみませんか?』

 

こんにちは。歯科技工士の丸山です。
最近秋らしく涼しい日が来たかと思ったら、またジメジメと暑い日が続いたりしてますね。
体調を崩されてはいないですか?

今回、当院では口腔ケアグッズとして、
江崎グリコの口中ケアタブレット、BREO EX を新しく取り入れたのでご紹介します!

BREO EXは、江崎グリコと新潟大学歯学部とで共同開発された口臭予防を目的としたタブレットです。

ブレオは、口臭の原因である舌苔に注目し、舌苔の発生を抑えます。

舌苔とは、
舌に付着している白い汚れで、細菌や食べかす、口からはがれた粘膜細胞などタンパク質を多く含んでいて、
細菌が食べかすを発酵させることで口臭を発生させます。

果物のキウイフルーツに含まれているタンパク質分解酵素や、6種類の潤い成分が配合されていて、
タブレットのざらざら感と酵素の働きで舌の汚れを取りながら唾液の分泌を促しお口の中を潤してくれます。

例えば、義歯をお使いの方はお口が乾きやすいとお聞きします。
乾きをいやす為にと、ガムは噛みにくいし、あめっこはむし歯の原因になるので、
このBREO EXがお薦めです!

味がグリーンアップルとグレープの2種類があり、シュガーレスなので虫歯の心配がありません。

私はグリーンアップル味が好みです^_^

気になる方はぜひスタッフにお声をかけてくださいね!!
お味見用もご用意しております(^^)

20190914202220.20.57.png

『季節の変わり目。お口の状態は大丈夫ですか?』

 

盛岡市北天昌寺町、高橋衛歯科医院、歯科技工士の若宮です。
9月になり、ここ最近朝晩が涼しくなってきましたね。
日中と温度差があるので、体調を崩し気味な方もいるのではないでしょうか?

また、9月、10月は秋の台風が心配ですね。
実は台風が通過した際の気圧や気温の変化が身体やお口の中の健康に影響しているようです。

昔から“飛行機に乗ると気圧の影響で歯が痛くなる”とよく言われていました。
歯周病悪化の原因も気圧などの天気に関係しているのではないかと考え、
実際に調べることにした結果、気象状況(風速、気圧、日照時間、雨量、温度、湿度)を照らし合わせてみると、

「気圧の急激な変化」と「気温の急激な変化」が歯周病の急性化の引き金になっていることが判明したそうです。

季節の変わり目に気温が急に変化したときや、台風などの通過で気圧が変化したときなどに、
歯周病が悪化する傾向があるということから、今の時期が要注意ですね。

メカニズムはまだ不明なようですが、気象変化によって身体の状態のバランスが崩れ、

免疫力が低下することが要因となるようです。

歯周病の急性化が起こるのは、気象変化があってから1~3日後であることもわかっています。
この時間差は、歯周病菌などの菌に対する免疫反応を引き起こすのに2~72時間とされており、
歯周病菌が歯周ポケットに侵入してから増殖して炎症を起こすまでの時間だと考えられます。

天気によって生じたり悪化する慢性の痛み(片頭痛や肩こり、頸椎症、関節症、腰痛など)は

「天気痛」として注目されていますが、
歯周病においても気象状況が悪化させる一要因となっているようです。

対策として、日頃の適切な歯磨きによって、プラーク(歯垢)や歯石の除去、
また、気象状況を気にかけて、気圧や気温の変化が起きそうだと予測される時期には、
洗口剤の使用や歯科衛生士による口腔ケアなど、早めの予防措置を心がけで下さい。

高橋衛歯科医院では、治療や予防のクリーニングで通院されている方に、
1年に1回のレントゲン撮影、歯周病の検査、むし歯のチェックなどの検診をお薦めしています。
自覚症状がなくても何かしらを早期に発見できたら、治療の相談もできますし、安心できますよね。

時期が来たら、先生やスタッフよりお声がけしますので、定期検診をお受けください(^_^)

これから秋が進むにつれ、食べ物が美味しくなりますね。
楽しく美味しい食事のために、お口の中と身体の健康に気をつけてお過ごしください。

 

20190910154555.png

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed