インフォメーション

20170114212202.png20170114212205.png

高橋衛歯科医院の公式ホームページはこちら

 
 
 
 

エントリー

「インプラントにして良かった」

  • 2021/02/18 12:55


少しずつ雪が溶けて春を感じるようになってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょ
うか?

先日メインテナンス担当の患者様にお会いした時に「インプラント治療終わってどうで
すか?」と伺ったところ、
「インプラントにして良かった」「治療大変だったけど噛める!」と大変喜ばれていま
した。その言葉を聞いたとき、私も嬉しくなりました。

皆様は、インプラント治療をするとどんないいことがあるのかご存知ですか?
インプラントには、たくさんのメリットがありますので、ご紹介しますね!
・周りの歯を守ってくれる。
・見た目が美しく、自信を持って笑える。
・美味しく食べれる。
・しゃべりやすい。滑舌が良くなり聞き返されない。
・着脱の手間がいらない。入院や、旅行の時に助かる。
・脳の血液循環がよくなり、物忘れや認知症予防になる。
・運動機能が改善される。
・輪郭が引き締まり、顔だちが若々しくなる。
・生活習慣病予防になる。
・磨きやすい。
・入れ歯のように口臭の原因になることが少ない。
・飲み込む恐れがない。
・地震など、緊急事態も心配ない。

インプラントには、こんなに沢山のメリットがあります!
健康は口から始まるので、しっかり噛めるお口になって、健康になっていただきたいと
思います。
お困りの方は、是非お気軽にご相談ください。

さらに詳しく聞きたい!相談したい!という方に、朗報です。
既に院内でも掲示していますが、3/28(日)4/11(日)に毎回ご好評いただいていますイン
プラント講演会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。20210218130251.0411高橋衛歯科医院様_インプラント講演会チラシ.JPEG

歯科衛生士 福士

インプラント講演会 3月28日(日)、4月11日(日)開催

毎回多くの方にご参加いただいております「インプラント講演会」を、3月と4月に連続開催いたします。

10名様限定で参加は無料です。
また、講演会終了後には個別にてご相談を受付けしますので是非ごお越しください。

開催日時は
・3月28日 日曜日 午前10時〜12時
・4月11日 日曜日 午前10時〜12時
開催場所はどちらも マリオス18階185会議室です。

参加申ご希望の方はフリーダイヤルでお申し込みください。
・医療法人 高橋衛歯科医院 0120-981-418
・マモインプラントクリニック 0800-800-6460

当日はコロナ対策としまして、入り口で検温と体調の確認後にマスク着用で間隔を空けて座っていただきます。

 歯を失うと将来どうなるの?インプラントのメリットとは?
「歯を失うことで将来どんなことが起こるのか」からはじまり、インプラント治療の基本的なことから、4本のインプラントで全ての人工歯を支える画期的な最先端治療「オールオンフォー」の他、様々なケースのインプラント治療をわかりやすく解説します。

 

20210213130934.png

 

 

 

 

「冬バテしていませんか?」

  • 2021/02/12 12:55


早いもので今年ももう2月になりましたね。
ここ最近は急に大雪が降ったり、凄く寒くなったり、逆に凄く暖かくなったりと天候の
変化や寒暖差が激しいですね。
そんな中、体調がすぐれない、朝起きられない、疲れがなかなか取れないなどの不調を
感じることはないでしょうか?

実は夏バテのように寒暖差から起こる「冬バテ」と言うものもあるようです。
冬バテは、心身ともに不調をもたらすのが特徴です。
原因は、寒暖差による自律神経の乱れのようです。

夏よりも冬の方が昼夜の寒暖差が大きく、急激な気温変化で自律神経が乱れてしまい体
調が崩れやすくなります。
また日照時間が短くなることで、やる気や感情をコントロールするホルモン「セロトニ
ン」が活性化されず、脳の活動が低下します。
他にも、アルコールの摂取量が増えることによるビタミンB1の不足や、多忙によるスト
レスも原因として考えられているようです。

冬バテの主な症状として

●十分に睡眠時間をとっても、まだ疲れが残っている感じがする。

●寝つきが悪く眠りが浅い。夜中に目が覚める。

●体が重く感じたり、イライラしてしまう。

●インフルエンザや風邪などにかかりやすい。

●頭痛、肩こりがする。         

●食欲がなくなる。

●病気の治りが悪い。

などがあります。

更にお口の中でも冬バテと思われるような歯痛が起きてしまう方もいるようです。
主な症状と原因として、

・歯ぎしり・食いしばり
 寒さを我慢しているとき、お口周りの筋肉が緊張して知らずに歯を噛み締めているこ
 とがあります。
 それによって必要以上に噛む力が歯に加わり痛みとして感じることがあります。

・歯ぐきの血行不良
 歯を支えている歯茎には無数の毛細血管があります。
 冷えや噛み締めにより歯茎が血行不良になると、歯茎の免疫力が下がって歯周病が悪
 化してしまう原因になります。

・知覚過敏
 歯周病で歯肉が下がって見えている歯の根の部分や、噛み締めや歯ぎしりで歯の表面
 のエナメル質が薄くなっている部分が寒気や冷気で痛みを感じることがあります。


もし噛み締めや歯ぎしりに心当たりがあったり気になる方には、マウスピースと同じよ
うに歯を過度の力から守るナイトガードというものをおすすめします。
気になった方は是非ご相談いただければと思います。

このように寒さや寒暖差から体調を崩すことが多いので、皆様十分気をつけてお過ごし
ください。

20210213135701.jpg        

歯科技工士 若宮

「新たな気持ちで」

  • 2021/02/04 16:40


1月から新しい先生がいらっしゃいました。
佐藤匠悟(さとうしょうご)先生です!
27歳で、学生時代は水泳でバタフライをやっていたそうで、上半身がガッツリしている
若々しい先生です。
出身は青森県弘前市なので、この寒い岩手の冬にも負けずに毎日元気な声で、患者さん
に接してくれています。

インプラントや矯正治療など、幅広い分野で活躍出来るように日々理事長や金院長を中
心に、知識と技術を吸収している最中です。
高橋衛歯科医院で治療する機会も出てきますので、暖かく見守って頂ければと思います。


若い先生の熱意に影響され、私もスキルアップしないとと感化されてしまいました!
今はインビザラインというマウスピース矯正のアシスタントや、口腔内スキャナーを扱
えるように日々特訓中です。

口腔内スキャナーは、今まで必要だった歯の型取りをせずに3D画像を作成出来るので、
患者さんの負担がとても少ないです。
また治療経過をシュミレーション出来るので、自分のゴールがどうなるのかが分かりや
すく、モチベーションもかなり上がりますよ。

まだ先ですが、インビザラインだけでなく、セラミックなどの被せ物を作る時もこの口
腔内スキャナーを使っていければと思っています。
歯の型取りは、お口全体粘土のような物が入るので負担が大きいですし、嘔吐反射が強
い方は負担が倍増します。そちらが本格始動しましたら、改めて報告させて頂きます。

まだまだコロナウイルスが蔓延しており、安心して生活が出来ない日が続きますが、高
橋衛歯科医院は感染予防対策を万全に整えて、皆様をお待ちしております。
お困りのことや相談したいことがございましたら、ぜひお越しください!
20210204164939.jpeg

20210205111104.jpg
歯科助手の中村でした。

『全身の健康のためにも、お口を健康に』



あけましておめでとうございます。

本年も高橋衛歯科医院をどうぞ宜しくお願い致します!

お口の健康は全身の健康に大きく影響を及ぼします。
虫歯や歯周病を予防するために大切な歯磨きですが、最近では、お口の中をキレイに保
つことで高齢者の誤嚥性肺炎を予防したり、インフルエンザなどの感染症の重症化を防
ぐことができるとも言われています。

そして、入れ歯を使っていらっしゃる方の場合、入れ歯も清潔にする事も大切です。
入れ歯をきれいにする時には、入れ歯専用の義歯ブラシを使ってのお手入れをお願いし
たいです。

入れ歯もきちんとお手入れをしないと、歯と同じようにプラーク(歯垢)が付着します。
多くの場合、入れ歯の材料にはプラスチックが用いられています。
プラスチックにはキズがつきやすく、入れ歯専用の義歯ブラシ以外のブラシを用いると、
また、噛むことによって入れ歯が微妙に動き、軟らかい粘膜面をこすって刺激します。
そのため粘膜はキズがつきやすく、入れ歯を不潔にしておくと口内炎や口臭の原因にな
ってしまいます。

ぜひ、毎食後、入れ歯をはずして清掃しましょう。
義歯ブラシと義歯洗浄剤による清掃の併用が理想です。
一日一度は義歯洗浄剤で殺菌洗浄しましょう。

当院では初めて入れ歯を使われる方に、お手入れ方法をお話ししております。
義歯ブラシや洗浄剤もご用意しておりますので、既に使われている方でも、ご質問など
がございましたらお声がけください。

歯科医師 佐藤

20210111153900.jpg

「こんな時こそ口腔ケアを考えてみませんか」


雪が積もりいよいよ冬の装いになってきました。
コロナ禍の影響もあり、普段通りの年末年始を過ごすことも難しい世の中ですが皆さま
はお元気でお過ごしでしょうか?
空気の乾燥も厳しくなり、コロナだけではなく風邪やインフルエンザも流行り始める時
期です。

よく患者様から「風邪を引いた、体調を崩していた為に歯磨きが上手く出来なかった・
・・」との声を聞きます。
ですが、風邪の時こそ歯磨きをしっかりすることはとても重要です。
口腔内を不潔な状態にしておくと異物が入って来たときに『せき反射』が起きにくくな
り、せきが出なくなると異物を追い出すことができないため、ウイルスに感染しやすく
なるそうです。
また、風邪だけではなく口腔内細菌が多い場合は肺炎等のリスクも高まる為、老若男女
関係なく今だからこそ口腔内の衛生状態を清潔に保つことが全身の健康にも繋がるとい
えます。

一般的な歯ブラシの使用だけでなく歯間ブラシやフロスの使用、又は洗口液の併用をお
勧めしております。
高橋衛歯科医院では歯科専売品であるモンダミン ハビットプラス を導入しており、
ご来院の患者様からご好評をいただいております。
アルコール不使用のため洗口液のピリピリが苦手な方も使いやすくうがいのできる年齢
であれば何歳の方でも使用できます。
歯肉の炎症や出血、口臭ケアなども出来る一石二鳥の商品です。
一般の薬局やスーパーでは取り扱えない商品ですので是非お越しいただきお試しくださ
い!
全身の健康を維持する為にもブラッシングは毎日怠らず続けるとともに、定期的な歯科
への来院で口腔内環境を綺麗に保ち、この大変な時期を乗り越えましょう!

以上
高橋衛歯科医院 歯科助手 上江でした!

20201223151734.jpg

「冬は腎を養いましょう」


11月7日に二十四節気の立冬、22日に小雪(しょうせつ)を迎え、暦の上ではすっかり
冬になりましたね。

これからの季節、不思議とトイレが近くなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

古来から東洋では、冬は『陰』が盛んになり、陽気が弱くなる季節とされております。
従ってこの季節には、万物の気は下方へ潤下していくと考えられています。

人体において下方にある臓器と言えば『腎』です。
冬は腎が寒さを嫌う季節、と考えられています。

排尿はその腎の働きと密接に関係しているんです。

どういうことかと言うと、腎機能が衰えることで膀胱の働きも衰えてしまうからです。
冬の寒さのせいで、腎の身体を温めるという働きが衰えてくると、腎と関連する臓器で
ある膀胱も冷えてしまいます。
そうしますと尿を膀胱にとどめておく力が低下し、そのため、高齢の方や冷え性の人ほ
ど、寒いとトイレに行く頻度が多くなるのです。

そこで腎を養う食事として、冬に“旬”を迎える食べ物が身体に良いとされています。
根菜類や葉物野菜などの、根っこの部分や地面に近い部分に栄養を多く含むものが旬を
迎えております。
身体を冷やしてしまう生野菜のサラダよりも、山芋、里芋、蓮根などの根菜類や、ほう
れん草などの葉物野菜を温かい汁物などにして召し上がってみてはいかがでしょうか。

他にもこの季節に取った方がいい食材として、黒い色の食べ物が挙げられます。
主な食べ物として、黒豆、黒ゴマ、きくらげ、ひじき、海藻類、黒砂糖などです。

また、腎を養う味付けとして塩味が挙げられます。
古来から冬のための食材の保存方法として「塩漬け」が用いられておりましたが、栄養
面から見ても理に叶っていたということです。

ちなみに反対に、腎に負担をかけてしまう食べ物が、乳製品や砂糖です。
チーズや牛乳などの乳製品は本来、日本人が食べていたものではないため、現在でも多
くの日本人が乳製品を十分に消化できないとも言われています。

また、腎機能の不調は、聴力の低下や髪質、生殖器との関連性があります。

もしも冬に限らず常日頃から、頻尿や冷え性、聴力の低下や不妊などにお悩みの方は、
腎機能の不調が考えられます。
腎気を養うことで症状が改善する可能性がありますので、東洋医学的な観点から体質改
善を試みてはいかがでしょうか。

いずれにしましても、旬の美味しい食べ物も歯が健康でなければ満足食べることもで
きませんよね。まずはお口の健康を考えてみてはいかがでしょうか

お口の健康が全身の健康に繋がります。

20201130184234.jpg


幸福は“口福”から。
健康な歯でよく噛んで、平穏で幸せな毎日を送りたいですね。

高橋衛歯科医院 歯科技工士 泉山

「食欲の秋。ですね」


こんにちは!
秋といえば「食欲の秋」ですよね。
今年は松茸が豊作で店頭でもよく見かけるようになりました。

他にもたくさん美味しいものがありますが皆さんはよく噛んで食べてますか?
時間がなくて飲み物で流し込んだり急いでたべたりしてませんか?

実は噛む事でたくさんのメリットがあります。
①胃腸の働きを促進する
②肥満の防止
③脳の働きを活発にする
④味覚が発達する
⑤ガンの予防
⑥全身の体力向上
⑦そして、虫歯、歯周病、口臭の予防 など

このように普段はあまり気にせず食事をしていると思いますが噛む事で強い体づくり、
そして健康維持に欠かせません。
でも、歯並びが悪かったり噛み合わせがわるいと食事に支障が出てしまいます。

当院では一人一人の患者さんのお口の中の状態に合わせた矯正治療を行っています。
歯並びで悩んでいる方や矯正に興味のある方はお気軽にご連絡を…。

スタッフ一同お待ちしております。

歯科助手 立柳

                     20201021112356.jpg

『口腔ケアでインフルエンザ予防』

みなさん こんにちは。
一般歯科治療と 静脈内鎮静を担当しております福岡と申します。
当医院では、All-on-4やインプラントなどの手術の際、静脈内鎮静法をおこないます。
歯科治療や手術に対して不安や恐怖心をお持ちの方に、安心・リラックスして治療・手術を受けて頂くための一助となる事ができれば幸いです。

さて、インフルエンザ流行の季節となりましたが、周りに感染している方はいらっしゃいませんか?

予防策としては
・流行前のワクチン接種
・バランスのとれた栄養摂取 十分な休養
・室内の換気 適度な加湿
・手洗い うがい マスクの使用
等が挙げられますが…。
「口腔ケアでインフルエンザを予防」という話題をお聞きになった事はありますか?
ある研究によると 「口腔ケアを行い、お口の中をきれいにする事によって インフルエンザの感染を抑制できる可能性がある」のだそうです。

高橋衛歯科医院では、歯科治療終了後の口腔ケア、むし歯・歯周病の予防、患者様のお口の健康を守る為、各種クリーニングのコースをご用意して、みなさんのご来院をお待ちしております。
みなさんにもぜひ、高橋衛歯科医院・マモインプラントクリニックマリオスでの専門家による口腔ケアを受けていただきたいと思います。

20200926152805.jpg

『口腔ケアは大事!』

こんにちは。
本来であれば、さんさ踊りで盛岡の街が太鼓の音で賑わっていましたが新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。いかがお過ごしでしょうか。

皆さん、最近、歯科医院を受診しましたか?
ウイルスに負けない体を作るのに、口腔ケアは大切です。

口の中、特に舌は細菌が繁殖しやすい場所です。
舌の上を見てみて下さい。舌の上に白い、黄色いものが見えたら、それは舌苔(ぜったい)です。細菌や食べかすのカスの塊です。舌が清潔に保たれていないと、歯を綺麗に磨いても、口臭になって表れたりします。
ウイルスに負けない体を作るために、舌もケアする事も大事だと思います。

まず、朝一番の歯磨きと舌磨き。
夜寝ている間は、抗ウイルス抗菌作用をもつ唾液が出るのは少なく、口腔内は乾燥します。
そのため、細菌は大繁殖し、そのまま水を飲んだり朝食をとればウイルスや細菌を体に入れることになります。

朝起きたら、歯ブラシなどで汚れをとります。その上、舌苔のクリーニングで行って下さい。舌苔は、舌の奥の部位に最もたまります。必ず、舌ブラシで鏡を見ながら、意識してクリーニングをして下さい。舌の奥から前に滑らせる方法がいいと思います。

気をつけていただきたいのは、絶対に歯ブラシで、舌を磨かないで下さい。
先日、舌磨きをおすすめした患者さんも歯ブラシでゴシゴシ磨いているよとおっしゃってましたが、舌の表面は、柔らかい粘膜です。歯ブラシで傷つけてしまい、細菌が入ってしまいます。不安な方は、自己流ではなく歯科医院でクリーニングの指導を受けて下さい。

加えて、大切なのは、口の中の細菌環境を整えるためるために唾液の量を増やすことです。
唾液は、口に入ったウイルスや菌を中和して、感染を防いでくれます。
唾液をいっぱい出すには、口の周りの筋肉を刺激する舌の体操が良いです。

⑴舌をベーと出したり、奥へ引く
⑵舌を左右に動かして口角を舐める
⑶舌で鼻下、あご先を触るように上下に動かす
他にも口を開けたり閉じたり、頬を膨らましたりすぼめたりするのも効果的です。
唾液腺を刺激して、分泌量を増やすことを、皆さんもやって見て下さい。

このように口腔ケアは大事です。
歯科受診を控えている方、治療を中断していると症状は悪化します。
痛くなる前に、定期的に受診しましょう。
お待ちしています。

20200822130610.jpg

歯科医師 金俊介

ページ移動

ユーティリティ

2021年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed