エントリー

カテゴリー「スタッフ便り」の検索結果は以下のとおりです。

マウスピース型矯正治療のリスクとは?②

20220508002037.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日はマウスピース型矯正治療のリスクについてお話しします。

 

 

4:歯周病や虫歯のリスク

 

マウスピースを長時間つけ続けることになりますから、口内が不衛生になりやすいです。

ですから矯正期間中は普段以上に口腔ケア(歯磨き、フロスなど)に気を遣いましょう。

また、矯正治療中は歯型が変化しますから、原則として歯周病や虫歯の治療は行えません(行う場合は、矯正のプランを変えざるを得なくなるかもしれません)。

 

ちなみにすでに歯周病や虫歯の症状がある場合は、治療してからマウスピース型矯正をすることになります。

 

 

5:発音の問題、違和感、痛みが出る場合も

 

マウスピースをつけた直後に、違和感や歯の痛みが出るケースもあります。

ただ、違和感が生じたとしても数日ほどで慣れる場合が大半です。

また、マウスピースの影響で発音しにくくなることもありますが、これも数日、長くても数週間で順応して、通常通り話せるようなります。

 

万が一長期間違和感や痛みが続く場合は、歯科医師に相談してください。

 

 

6:体調不良になるケースも

 

噛み合わせが変化することで身体のバランスがおかしくなり、強い倦怠感、不眠、嘔吐感、肩こり、首のこり、頭痛などが発生するケースもあります。

これらの体調不良に見舞われた場合は、すぐに歯科医師に報告しましょう。

 

 

7:「噛みしめ」や「歯ぎしり」により装置が壊れるリスクも

 

強い噛みしめや歯ぎしりの影響でマウスピースが壊れてしまうケースもあります。

普段の生活の中では噛みしめや歯ぎしりをしないとしても、睡眠中に行ってしまう方は少なくありません。

 

ちなみにトレーニング中や運動中などはマウスピースをつけたままにしておいて構いません。つけていても運動に支障が出ることはありません。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

マウスピース型矯正治療のリスクとは?①

20220508002036.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日はマウスピース型矯正治療のリスクについてお話しします。

 

 

メリットの多い矯正術ですが、欠点も理解した上で始めることをおすすめします。

 

 

1:1日の装着時間が非常に長い

 

矯正で使うマウスピースは1日20時間以上装着する必要があります。

装着時間が不足していると、シミュレーション通りに矯正が進行しなくなる可能性があります。その結果、矯正が完了するまでの期間が長くなり、治療費が多くなってしまうかもしれません。

 

「1日20時間以上つける」というよりも、「飲食や歯磨きのとき以外はずっとつけておく」という意識で生活することをおすすめします。

 

 

2:飲食について

 

飲食の前に必ずマウスピースを外してください。

たとえ何か一口食べるだけであっても必ず取り外し、食後は歯磨きを行い、そのあと速やかにマウスピースをつけ直す必要があります。

 

また、「無色透明の飲み物」であっても糖分が含まれている場合は、マウスピースを外してから飲んでください(そうしないと虫歯になりやすくなります)。

 

そして赤ワイン、お茶、コーヒーなどには糖分が含まれていないものの、マウスピースが変色する可能性があります。ただ、マウスピースは1週間程度で交換しますのでご安心ください。

 

 

3:歯並びによってはマウスピース型矯正では対応できない可能性も

 

マウスピース型矯正では対処できない(もしくは対処が難しい)歯並びもあります。

 

・大きく歯をスライドさせる必要がある

・重度の受け口や出っ歯(骨格的な問題がある)

・重度の歯のねじれ

・歯周病で歯が揺れている

・抜歯しなければならない場合

 

もちろん上記に該当していても対応できるケースもあります。まずはご相談ください。

 

※「抜歯が必要=マウスピース型矯正ができない」というわけではありません。ただし、治療の難易度は上がります。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

歯磨きの”しすぎ”は良くない?

20220507235752.png

 

 

高橋衛歯科医院です。

本日は「歯磨きの”しすぎ”は良くない?」という疑問にお答えします。

 

 

◎歯磨きの”しすぎ”は良くない?

 

歯の健康のために大切な歯磨きですが、やりすぎは良くないという話も良く耳にします。

 

その理由について、詳しく解説していきます。

 

 

【1】歯のエナメル質が削れてしまう

 

長く歯磨きし過ぎると、歯のエナメル質が削れて、歯を傷つけてしまうことがあります。

 

目には見えないのが厄介ですが、強く歯ブラシを当てると表面が削れ、傷がついてしまうのです。

 

知覚過敏の原因にもなるので、歯は優しく磨くこと、また長く磨き続けないように注意してください。

 

 

【2】歯茎へのダメージ

 

歯茎も同じです。

 

とてもデリケートな部分ですので、強く長く磨きすぎると、歯茎の腫れや出血の原因になります。

 

歯茎が痩せることで、知覚過敏の症状が出ることもあるので、歯と歯茎の境目は特に優しく磨くよう心がけてください。

 

 

 

◎外出中や仕事中など、どうしても歯磨きができない時の対処法

 

外出先や仕事中で、歯磨きする場所や時間が取れない時もあると思います。

 

そんな時は、下記の対処法を行いましょう。

 

【1】口をゆすぐ

 

うがいは口腔内の食べカスを軽く洗い流すことができます。

 

この時のうがいは、口に含んだ水に勢いを付け、やや強く口をゆすぐことを意識してください。

歯と歯の間や歯茎と頬の間にある食べカスも綺麗に落とせるように、水を口腔内全体に行き渡らせるようにして口をゆすぎます。

 

 

【2】お茶や水を飲む

 

食べカスの中にある糖分が虫歯菌の格好の餌となるので、食後にお茶や水といったノンシュガーの飲み物を飲むのも有効です。

 

うがいさえもできない時に試してみてください。

 

中でも、烏龍茶や緑茶は特におすすめです。

 

緑茶にはポリフェノールの一種となるカテキンが含まれていて、虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖抑制、プラーク形成を抑制する効果に期待できます。

 

烏龍茶も同様で、ポリフェノールの効果によって、緑茶以上の虫歯予防効果があるともいわれています。

 

 

【3】キシリトール配合のガムを噛む

 

ガムを噛むことで、唾液の分泌が促されるので、食べカスなどの汚れが流れやすくなります。

 

キシリトール配合のものであれば、甘みがあるものの、細菌が酸を作らないので、ガムを食べるといっても糖分を摂取せずに口腔内のケアができます。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

『eh-TVを導入しました』

3月に入り、朝晩はまだ冷えますが、昼間は暖かくなってきましたね。

私は花粉症なので、目の痒さと鼻のムズムズ感が増してきて、春を感じています…
花粉症だけでなく、季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、皆さまご自愛く
ださいね。

今回は最近導入されたeh-TVについてご紹介したいと思います。
すでにご覧になった方も多いと思いますが、当院の待合室に大きなTVが設置されました


歯科に関する情報や、オリジナル番組など多数のコンテンツが流れています。
各ユニットのモニターでも、同様にご覧いただくことができます。

様々な歯科情報をご覧いただき、患者様にとって有益な情報提供をすることを目的とし
ています。

歯科治療の流れや、どんな治療法があるかなどわかりやすくご紹介しています。
例えば、被せ物にはどんな種類があるのか?
根の治療とは、どのような流れで治療が進むのか?など、映像を通して詳しく知ること
ができますよ!

患者様ご自身で、自分にぴったりな治療法を選択するきっかけ作りとなり、お口の健康
の大切さをよりご理解いただければ幸いです。

高橋衛歯科医院では、患者様の「よく食べ、よく笑い、幸せな人生」をプロデュースす
るため、スタッフ一丸となって最善の歯科治療を提供していきたいと思います。

診療前や診療中、お会計待ちの時間など、ぜひご覧になってみてください。
ご不明点があれば、ぜひスタッフまでお声がけくださいね。

受付歯科助手 瀧澤

20220417215814.jpg

 

インプラントはこんな患者さまにおすすめ②

20220314005919.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日はインプラント治療がおすすめの人についてお話しします。

 

 

【5】顎の骨が残っている患者さま

インプラントは、顎の骨にボルト(土台)を埋め込むので、顎の骨の厚みがしっかりないと手術が行えないこともあります。

 

近年は顎の骨が少なくてもインプラントができる技術が発達してきていますが、顎の骨が健康であるのは重要です。

 

 

【6】治療後のメインテナンスができる患者さま

インプラントは、治療して完了というわけではありません。

 

お手入れを怠ると細菌感染が起こり、骨が溶けて、グラグラと不安定になってしまうことも十分に考えられます。

 

そのため、日々のお手入れはもちろんのこと、定期的にメインテナンスに通うことができる患者さまにおすすめの治療法といえます。

 

 

【7】非喫煙者

実は、インプラントと煙草は密接な関係があります。

 

煙草というのは歯周病のリスクを高め、傷の治癒力を低下させるなど、口腔内にとっても良くないものとされています。

 

インプラントは感染に対してとくに注意しなくてはいけないので、インプラントをするのであれば、禁煙することをおすすめします。

 

 

『まとめ』

インプラントはとても優れた治療法といえますが、患者さまにとって最善の治療法となるかは別問題です。

 

インプラント治療が合っているかどうかは、疾患の有無、審美性、費用面、さまざまな要素が絡みます。

長く使用するものだからこそ、歯科医師と相談の上、より良い選択肢を選んでください。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

インプラントはこんな患者さまにおすすめ①

20220228174041.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日はインプラント治療はどんな患者さまにおすすめなのかお話しします。

 

 

インプラントに興味はあっても、高額な費用や手術を考えると迷ってしまうのは必然です。

今回は、インプラントがどんな患者さまにおすすめなのかを詳しくご紹介していきます。

 

 

【1】自分の歯のように噛みたい患者さま

インプラントは、天然の歯と同じように噛むことができます。

 

入れ歯を経験されている患者さまからすると、その噛み心地は雲泥の差ともいいます。

 

他の治療法では得られない特徴でもあるので、しっかり噛みたい、食事を楽しみたいという患者さまにおすすめです。

 

 

【2】入れ歯が合わなくて困っている患者さま

入れ歯は、歯茎の上に乗せて使用するものです。

患者さまによってはなかなか慣れず、使いにくさを感じる方もたくさんいらっしゃいます。

 

現在は多くの歯を失っていてもインプラントが可能になってきておりますので、入れ歯からインプラントに乗り換えるというのも1つの方法です。

 

 

【3】周囲の歯を守りたい患者さま

インプラント治療は周囲の歯に負担をかけることなく行える治療法です。

 

ブリッジや入れ歯の場合は周囲の歯に大きく負担をかけるため、健康な歯の寿命を縮めてしまうこともあります。

 

 

【4】楽なお手入れを求める患者さま

 

インプラントのお手入れは、天然の歯と同じく、歯磨きやフロス、歯間ブラシを使って行います。

 

インプラントに代わる入れ歯やブリッジの場合は、取り外して洗浄液で洗ったり、磨きにくいといった手間が加わります。

 

簡単なお手入れを求める患者さまには、インプラントがおすすめです。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

「固い食べ物。しっかり噛めますか?」

こんにちは。
もう立春も過ぎ、盛岡はまだ寒いですが、暦の上では春を迎えましたね。

先日、チーフの松田さんが、節分の豆を買ってきてくれて、スタッフ皆で豆を頂きまし
た。
「カリッ!ポリッ!」と美味しかったです。ご馳走さまでした。

最近、固い物を食べる人が減ってきてると聞きますが、私もあまり食べていない事に気づきました。
お煎餅や漬物、ナッツ類など、固い物を食べて、元気に生活していきたいですよね。

皆さんは、ちゃんと固い物食べれていますか?
固い物を食べれない理由として、「歯や歯肉に痛みがある」「歯がぐらつく」「歯が抜
けている」「噛み合わせが悪い」など、色々あると思います。
もし、気になるところがあれば、まず、高橋衛歯科医院にいらしてください。
解決しましょう。

それから、当医院のCMが新しくなりました!岩手めんこいテレビなどで放映されます。
「待ち望んだ、笑顔のために…」
私達、スタッフ一同、あなたの笑顔のために、お手伝いします。

どうぞお気軽に来院してください。    20220221144400.png.jpg

歯科技工士  沼里

歯周病治療のよくある質問①

20220214082134.png

 

高橋衛歯科医院です。

本日は歯周病のよくあるご質問にお答えしていきます。

 

 

【Q1】誰でも歯周病にかかるのですか?

かかっている人の割合は多いですが、絶対に発症するわけではありません。

ですが年齢を重ねるにつれて発症率は上がりますし、症状も重くなる傾向にあります。

「適切なブラッシング」と「定期健診」などによって防ぎましょう。

 

 

【Q2】歯周病と他の病気の関係性は?

近年の研究から「歯周病と全身疾患は関連している」ということが明らかになってきています。

特に糖尿病、心臓病、呼吸器系疾患、そして妊娠などは歯周病と大いに関係していると言われています。

とりわけ「糖尿病」は歯周病と密接に関わっており、糖尿病は歯周病をエスカレートさせる要因の一つであると見られています。

 

 

【Q3】なぜ歯周病が別の疾患を招くのですか?

歯周病がエスカレートすると口内の細菌が多くなって、その細菌が呼吸器や血液に入り込む可能性があるからです。

これにより肺炎、動脈硬化、心筋梗塞、早産などのリスクが上がります。

 

 

【Q4】歯周病と認知症の関連性は?

歯周病菌の影響で動脈硬化が進んでしまうと言われています。そして、その動脈硬化が「脳血管性の認知症」になる危険性を高くすると見られています。

さらに、歯周病菌などが「脳内の炎症」の原因となって、「アルツハイマー型認知症」を悪化させる場合もあります。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

矯正と虫歯の関係性とは?

20220131095728.png

 

 

高橋衛歯科医院です。

本日は矯正と虫歯の関係性についてお話しします。

 

 

『矯正で虫歯のリスクが上がるというのは本当?』

矯正治療をしていると歯磨きをしにくくなるため、虫歯のリスクが上がります。

(矯正治療自体が、虫歯になる危険性を高めるわけではありません)

 

特にワイヤーとブラケットを装着するワイヤー矯正に関しては、装置の間に食べかすやプラークが残存しやすくなりますから、ブラッシングの難度が上がります。

 

ですが、マウスピース型矯正(インビザライン矯正など)であれば、マウスピースを簡単に脱着することができますから、普段通りに歯磨きを行うことが可能です。

 

ですから、「矯正によって虫歯のリスクが上がるかどうか」は、矯正の種類によると言えます。

 

 

『矯正前に虫歯治療を済ませるべき?』

虫歯の治療を完了させてから矯正治療を行いましょう。

「矯正治療ができる歯医者」の多くは、「虫歯や歯周病の有無の確認・治療」もできますから特に問題はないはずです。

虫歯や歯周病の治療が完了したらすぐに矯正治療をスタートすることが可能です。

 

 

『矯正期間中に虫歯が発生した場合は?』

矯正期間中に虫歯が発生した場合でも、基本的にすぐにその治療をすることができます。

 

ただし、虫歯治療の影響で歯の形状が大幅に変化してしまえば、元のマウスピースが歯に合わなくなり、マウスピースを再作成せざるをえなくなる可能性もあります。こういったケースでは、もう一度歯型を取り直すことになります。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盛岡市にある歯医者・歯科

『高橋衛歯科医院』

〒020-0136 岩手県盛岡市北天昌寺町7−10

TEL:019-645-6969

 

「よく噛むことの大切さ」


こんにちは。
毎日厳しい寒さが続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
この時期は、外で冷えた体を暖めてくれる暖房が手放せないですね。

冬は暖房を使うことによって、空気や口腔内が乾燥しやすい時期です。
最近は、常にマスクを付けているので口呼吸になりやすかったり、会話の機会も減った
り、水分補給不足によりさらに乾燥しやすくなってしまうんです!

お口が乾燥すると唾液の分泌が減少してしまい、口腔内の細菌の動きが活発になります。
それにより、口臭の原因や歯周病、虫歯になるリスクが高まります。
唾液には自浄作用という汚れや細菌を洗い流す作用や、菌によって溶けかけた歯の表面
の部分を修復してくれる再石灰化作用など大切な役目があります。

このように重要な役割を果たしている唾液の分泌を活性化させてあげることで、お口の
乾燥予防につながります!
それには、日頃からよく噛んでお食事をすることです。
よく噛むことで、唾液腺が刺激されて分泌が活発になります!

これはすぐに実践できるものですので、ぜひお食事する際はよく噛むことを意識してみ
てください!
しっかり噛んで食べる、これは体の健康にも繋がる大切なことです。

日頃からお口の乾燥が気になる方、入れ歯はあるけど使えていない、しっかり噛めない
という方、ぜひ高橋衛歯科医院へご相談にいらして下さい!

歯科助手 藤原

20220417232020.19.08.png

 

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed